約3,800円の通話できるスマートウォッチ『PIPO C2』登場、特徴など

 中国メーカーから時計バンドから取り外してダイヤルしたり通話できる機能を備えたスマートウォッチ『PIPO C2』が海外メディアにより取り上げられています。価格は約3800円(199元)。

pipo_c2_3

格安スマートウォッチ『PIPO C2』の特徴

 『PIPO C2』の正方形ディスプレイを備えた本体はストラップから取り外し可能で、Bluetooth経由でスマートフォンと接続、腕を上げることなくスピーカーフォンとして通話できるのが特徴。

pipo_c2_2

 また、スマートフォン上の音楽プレーヤーやカメラアプリをリモートで操作できるほか、速度・距離のトラッキングできる歩数計を備えています。

pipo_c2_1

 OSはGoogleのAndroid Wearではなく独自仕様、バッテリー・駆動時間や画面サイズ・解像度といった情報は不明となっています。

Source:Notebook Italia

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

腕につけるスマホ『Nubia Alpha smartwatch』発表・動画

Nubiaがスマートフォン並の大画面を備えたスマートウォッチ『nubi

→もっと見る

PAGE TOP ↑