Apple Watch向けバッテリー内蔵ストラップ『Reserve Strap』登場、価格と特徴

 Apple Watchのバッテリー駆動時間に不安の声も挙がっていますが、バッテリー駆動時間を最大125%まで延長できるサードパーティ製バッテリー内蔵ストラップ『Reserve Strap』が救いとなるかもしれません。

 価格は約3.0万円(249ドル)で予約受付中、リリース時期は不明となっています。

Reserve Strap-apple-watch-charging-strap.1

スポンサーリンク

Apple Watchのバッテリーを最大125%に、『Reserve Strap』の特徴

 バッテリー駆動時間の短さはApple Watchに限らず小さなスマートウォッチの宿命でもありますが、バッテリー内蔵ストラップ『Reserve Strap』により最大125%の改善が見込めるとのこと。

Reserve Strap-apple-watch-charging-strap

 『Reserve Strap』装着時のバッテリー容量イメージ。

バッテリーはバンドに内蔵

Reserve Strap-apple-watch-charging-strap.2

 バッテリーはバンド内に埋め込まれており、MagSafe機能を利用して給電するとしています。

 バッテリー内蔵ということで『Reserve Strap』の重量やストラップの厚みも知りたいところですが、詳細は明らかにされていません。

 『Reserve Strap』の予約価格は約3.0万円(249ドル)となっており、発売時期は不明です。

 Appleは日本時間3月10日 午前2時よりスペシャルイベント「Spring Forwad」を開催する予定で、Apple Watchの価格や発売日が発表されると思われます。

 前回のApple
 Apple、3/9スペシャルイベント「Spring Forward」開催/日本時間10日2時~ライブ中継あり

Source:9TO5Mac

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

指先で通話できる時計バンド『Sgnl』(シグナル)登場、Apple Watchなどに装着可

JBSは7月19日、クラウドファンディンサイト“Makuake”におい

2枚重ねウォッチ『TicWatch Pro』発売、Google Pay対応で最大30日駆動などスペック

2枚のディスプレイを重ねることで最大30日間も駆動できるWear OS

Apple WatchにAlexaが「ひょっこりはん」、アプリ『Voice in a Can』登場・動画

Apple Watchでアマゾンの音声アシスタントに呼び掛けられるアプ

次期Apple Watchは物理ボタン廃止か、ソリッドステートボタンへ

次期Apple Watchについて、サイドボタンとデジタルクラウンが物

腕をタッチパネル化、スマートウォッチ『LumiWatch』登場・スペック/動画

カーネギーメロン大学とASU Tech社の研究チームがディスプレイを搭

Microsoftスマートウォッチ『Xbox Watch』試作機の画像リーク

Microsoftはスマートフォン向けOSの開発を諦めてしまいましたが

KDDI au、月350円で電話番号を共有『ナンバーシェア』発表―Apple Watch対応

KDDIは9月13日、スマートフォンが手元になくてもApple Wat

NTTドコモ、月500円の電話番号シェア「ワンナンバーサービス」発表―Apple Watch対応

NTTドコモは9月13日、月額500円で1つの電話番号をスマートフォン

通話できる『Apple Watch series 3』発表、ドコモ/au/ソフトバンク通信可能―価格・発売日

Appleは日本時間9月13日午前2時より開催した新製品発表イベントに

LTE版『Apple Watch』がiOS11 GM版で見つかる、画像や単体通信・iPhone番号連携・通話など

リークされたiOS11 GM版からLTE対応の新しい「Apple Wa

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑