Surface 2 の後継機、Windows 8.1搭載で4月にも発表か

公開日: : Microsoft Surface

 MicrosoftがWindows 8.1を搭載した「Surface 2」後継機を4月末に開催される「Build 2015」イベント終了までに発表され、その後すぐにでも発売される可能性を海外メディアが伝えています。

DSC02875

Surface 2 の後継機、4月にも発表か

 WinBetaによると、「Surface 2」の後継機はOSに「Windows RT」ではなくWindows 8.1をプリインストールし「Windows 10」へのアップグレードに対応、それに伴いプロセッサもATOMまたはIntel Core Mが搭載され、ファンレス仕様となり、Proモデルとは区別されて販売されるとのこと。

Build 2015で発表される可能性

 同メディアはWindows 8.1 搭載ということから4月29日~5月1日の3日間にわたり米カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催される「Build 2015」のカンファレンス中、または事前に発表され、その後すぐにリリースされるのではないかという予測を伝えています。

 「Build 2015」で発表される場合はイベントが初日が有力と思われます。

「Surface mini」となるか

 「Surface 2」まで採用されていた「Windows RT」は先日の「Windows 10」アップグレード一覧で対応しないことが明らかとなっています。

 これまで「Surface mini」は8インチという噂もありましたが、Microsoftが他社の8型タブレットと違いを見いだせないといったことから延期になったとも伝えられています。それらを考えると「Surface 2」後継機は10インチとなり、そのサイズをもって「mini」とするかもしれません。

Source:WinBeta

よく一緒に閲覧される記事

Surface製品が最大16500円OFF、MS新生活セール開催

日本マイクロソフトは直販サイト「Microsoft Store」にお

Surfaceシリーズが最大25%OFFに、Amazonタイムセール祭り

アマゾンジャパンが開催中のタイムセール祭りにおいてMicrosoft

まもなくSurface Duoで「WindowsとAndroidの同時起動」が可能に

それはもう恐ろしいことが起きようとしている。 非公式だが、2画

→もっと見る

PAGE TOP ↑