約9,600円、デュアルブート版8型タブレット『PIPO Work-W4 双系統』発表/スペック

公開日: : PIPO , , ,

 中国メーカーPIPOが2014年9月に発表した8型Windowsタブレット『PIPO Work-W4』のデュアルOS搭載モデルとなる『PIPO Work-W4 双系統』を499元(約9,600円)で発売すると発表しました。

pipo-w4-dual-os

『PIPO Work-W4 双系統』のスペックと価格

 『PIPO Work-W4 双系統版』はW4モデルのデュアルシステム版としてWindows 8.1とAndroid(恐らく4.4 KitKat)がプリインストールされ各OS内から簡単にシステムを切り替えできるのが特徴の8型タブレット。

pipo-w4-dual-os.1

 解像度は1280x800(アスペクト比16:10)、CPUはIntel Atom Z3735Fプロセッサ、RAM 2GB、内部ストレージは 32GB eMMC、カメラは前面30万画素、背面200万画素となっています。

 以前のWindows 8.1搭載モデルと同じスペックであれば次のようなスペックが予想されます。

pipo-w4-51006

 通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth対応。インターフェイスはMicroUSB(OTG対応)、MicroHDMI搭載。

 バッテリー容量は4,500mAh。

 前回のPIPO Work-W4
 約8900円の8型Windows『PIPO Work-W4』発表―スペックほか

Source:IMP3

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑