次期『Android M』では「Googleキーボード」が分割表示(スプリットキーボード)に対応

公開日: : Android ,

 先日Nexus 9へインストールした「Android M」では「Googleキーボード(英語)」がキーボードの分割表示に対応していました。

Android-M-Split-Keyboard-04

次期『Android M』で「Googleキーボード」が分割表示に対応

 「Googleキーボード」の表示を左右に2分割するには設定メニュー→「言語と入力」→「Googleキーボード英語(米国)」を選択します。

Android-M-Split-Keyboard-01

 次に「外観とレイアウト」を選択。

Android-M-Split-Keyboard-02

 最後に「スプリットキーボードを有効にする」をONに切り替えます。

Android-M-Split-Keyboard-03

 後はブラウザやメール、テキストエディタなどでキーボードを表示させて「Googleキーボード」を選ぶこと冒頭の右手と左手に分割されたキーボードが利用できるようになります。

おまけ

Android-M-Split-Keyboard-06

 地球儀マークで日本語キーボードと切り替えることができました。

Android-M-Split-Keyboard-05

 絵文字。

 前回のAndroid M
 『Android M』で使える「ADB」と「Fastboot tool」のインストール方法

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑