ゼンリンがスマートウォッチ向けナビアプリ『いつもNAVI』リリース、特徴・機能―Android Wear

 ゼンリンデータコムは7月2日、Android Wear搭載スマートウォッチ向けの無料ナビゲーションアプリ「いつもNAVI for Android Wearβ」をリリースしました。

 すでにGoogle Playから無料でインストール可能、特徴・機能を記録します。

ZENRIN-datacom-00

ゼンリン、スマートウォッチ向けナビアプリ『いつもNAVI』リリース

 「いつもNAVI for Android Wearβ」はスマートフォンでの操作を行わずにスマートウォッチだけで行きたい場所の検索からナビゲーションまで行える、新しい徒歩ナビゲーションアプリ。

特徴・機能

 「いつもNAVI for Android Wearβ」は日本国内のみ利用可能としており、海外やGPSの取得が難しい屋内においては、設定メニューの中で特定の地点(東京駅・京都駅など)を選択することで擬似的に機能を体験できるとしています。

周辺の施設検索機能

ZENRIN-datacom-02

 コンビニや駅などの周辺施設を検索する機能で、音声入力によるフリーワード検索も可能。

 検索結果には企業アイコンと名称、現在地からの距離と方角が同時に表示され、コンビニに限り「ATM」や「トイレ」などの有無を表示にまで対応しています。

徒歩ナビゲーション機能

ZENRIN-datacom-01

 目的地の方角を矢印だけでシンプルに表示してリアルタイムに向かうべき方向がわかる「矢印ナビ」機能を搭載、GPSと方位センサーを備える「Sony SmartWatch 3」では通信が切断した状態でも動作可能としています。

 上右は周辺の施設を表示するレーダー型ナビゲーション「レーダーナビ」機能、映画エイリアン2を思い出します。

ZENRIN-datacom-03

 ターンバイターン情報(交差点名、曲がる方向、残距離)を、道程+自己位置+向いている方角と併せて縦方向に数珠つなぎで表示する新しいターンバイターンナビゲーション機能。

動作環境

 「いつもNAVI for Android Wearβ」は、Android 4.3以上のペアリング済みスマートフォンとAndroid 4.4W以上のAndroid Wear搭載スマートウォッチが必要となっています。

 Google Playで公開されている現在のバージョンは1.0.0でファイルサイズは10MBとなっています。

Source:Google Play

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑