Android Mのバージョンは「5.2.X」か、デモモードにヒント

公開日: : Android

 Android Mのバージョンは一部で噂された「6.0」ではなく「5.2」になるかもしれません。デベロッパープレビューにあるデモモードを試したAndroid Policeが時刻が「5:20」で停止していることを伝えています。

Android-M-is-5.2

Android Mのバージョンは「5.2.X」の可能性

 Android Mではタブレットに画面分割機能が付きそうな気配がありメジャーアップデートとして「6.0」ではないかとする予測もありましたが、「5.2」の可能性が高まりました。

Android Mのデモモードに「5:20」

 Android PoliceはGoogleが米国時間7月9日に提供を開始した”Androdi M developer Preview”のセカンドバージョンで新たに「開発者向けオプション」へ”System UI tuner”メニューが追加され、そこを開くと”Demo mode”オプションがありデモを有効にすると時刻が「5:20」となり、バッテリーやWi-Fi、セルラーといったアイコンがフル表示になるとのこと。

Android-M-is-5.2.1

 ここで同メディアが注目したのが固定された時刻「5:20」、これは”Android 5.2”を示しているとしています。

時刻がバージョンとする理由

 この”時刻がAnroidバージョン番号”という説について、これまでGoogleのプレス画像が行ってきた手法であるとしており、例として”Android 4.4”(KitKat)時の「4:40」、”Android 5.0”(Lollipop)時の「5:00」を挙げています。

”System UI tuner”メニューについて

 Android Policeは新たに追加された”System UI tuner”メニューの”デモモード”について、バッテリーレベルがフル表示になり、通知が表示されず時刻も固定で本当の時刻を隠せることから開発者がプレイストアに掲載するスクリーンショットやビデオを撮影するときに最適な機能だとしています。

 確かに通知アイコンが並んでいたり、スクリーンショットの時刻が深夜を示していたりなどデモ画像に集中できないこともあるので開発者に限らず知っておくと便利なモードかもしれませんね。

 最新のAndroid M記事一覧

Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

LineageOS 19、新たにOnePlus 9やXiaomi Poco X3 Proなどサポート

Lineage OSチームは現地時間2022年6月7日、新た

待望の「Pixel Fold」近づく、Android 12.1の折りたたみスマホ動作動画・ドックなど新機能

未発表のAndroid 12.1に関してXDAで新たなレポートが投稿さ

古いPCをAndroidで復活「Android-x86」とは、Google Playやマルチウィンドウ対応

長く眠らせているパソコンを快適なAndroid端末にするのはいかが

→もっと見る

PAGE TOP ↑