デュアルブート対応スティック型PC『PIPO X1』Windows版が披露される

 中国メーカーPIPOがスティック型PC『PIPO X1』のWindowsバージョンを披露したと海外メディアが伝えています。

PIPO-X1-Windows.1

スティック型PC『PIPO X1』Windows版(デュアルブート対応)披露

 『PIPO X1』は過去にRK3066プロセッサを搭載したAndroid版がリリースされていました。Amazon.comにおける販売価格は101.10ドル。

PIPO-X1-Android

 初代PIPO X1と呼べるAndroidモデル

 今回はIntel Atom Z3735Fプロセッサを搭載したWindows 10搭載モデルとなっています。オプションでAndroidのデュアルOSも可能とのこと。

PIPO-X1-Windows

 金属シャーシでファンレス設計のようです。

 RAMは2GB、内部ストレージは32GB+MicroSDカードスロットを備えています。

 通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetoothをサポート。インターフェイスはフルサイズUSBx1基、MicroUSBx1基

 本体サイズは114 x 34.5 x 13.9mm、重さ40g。

 PIPOといえば極厚タブレット『PIPO X8』が記憶に新しいですが、デュアルブート対応スティック型PCも今後が楽しみです。

Source:NotebookItalia

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑