Nexus 5/Nexus 6向けビルド『LMY48I』配信、致命的な脆弱性「Stagefright」に対応―MMSメール乗っ取り

公開日: : Google Nexus , , ,

 米通信キャリアSprintがGoogleスマートフォン『Nexus 5』および『Nexus 6』向けにMMSメールで乗っ取られる可能性が指摘されている致命的な脆弱性「Stagefright」に対応するパッチとして最新ビルド『LMY48I』の配信を開始したと発表しました。

 恐らく日本向けNexus5/Nexus 6向けにもファクトリーイメージやOTAアップデートが提供されると思われます。

Stagefright

Nexus 5/Nexus 6向けビルド『LMY48I』配信、「Stagefright」に対応

 今回のSprintから発表された最新ビルド『LMY48I』は『Nexus 5』『Nexus 6』ともに同じで、Googleセキュリティパッチ「Stagefright」とだけ記載されています。

 先日のAndroidデバイスにある電話番号さえわかればハッキング(乗っ取り) できる致命的な脆弱性とされる「Stagefright」対応パッチとなっており、この脆弱性は対象となる端末が約9.5億台とも言われていました。

 今回、Nexus 5/Nexus 6にもセキュリティ対策が施されたアップデートが配信されていないことがわかりました。前回の話ではGoogleの「ハングアウト」が危険であることが伝えられています。

 前回の話
 Android端末95%に致命的な脆弱性、MMS着信でハッキング(乗っ取り)可能に―Stagefright攻撃

Source:Sprint (1) (2)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑