Google、Android M(6.0)の正式名称を『Marshmallow』(マシュマロ)と発表

公開日: : Android ,

 Googleは米国時間8月17日、同社の次期モバイルOSバージョン「Android M」について正式名称をMarshmallow』(マシュマロ)にすると発表しました。

Android-Mashmallow

Google、次期OS名は『Android 6.X Marshmallow』に決定

 GoogleのJamal Eason氏はAndroid Developers Blogにおいて2015年5月に始まったAndroid M Developers Preview以来、最後となる「Android M Developers Preview」のアップデートを行い「Android 6.0 SDK」と「API level 23」を公開したとしています。

Android 6.0 SDK配信開始、Marshmallow向けアプリ開発が可能に

 Android 6.0 SDKはSDK Manager経由でダウンロード可能になっており、API 23を使った『Android 6.X Marshmallow』向けアプリ開発の準備が行えるとのこと。

新しいアクセス許可

 Android 6.X Marshmallowでは次のような新しいアクセス許可が追加されます。

  • App Permissions(アプリのアクセス許可)
  • Web Experience(Chrome Custiom Tabsによるアプリ内Chrome起動)
  • App Links(アプリ呼び出しの強化)
  • Mobile Payments(電子決済サービス「Android Pay」)
  • Fingerprint Support(指紋認証サポート)
  • Power & Charging(USB Type Cサポート/Doze)

 これらの詳細は下記の記事より確認できます。

次期OS『Android M』、6つの新機能まとめ―Android Pay/指紋認証/USB Tpye Cなど

Android 6.0 Marshmallowは2015年秋リリース

 「Android 6.0 Marshmallow」は2015年秋にリリースされる予定となっています。

 次期Nexusスマートフォンを開発していると噂されるLGとHuaweiに関するリークも増えていることから数ヶ月以内のリリースが期待できそうですね。(Nexusシリーズ最新記事へ)

Source:Android Developers Blog

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑