約1.4万円でRAM3GB/5.5型『UMi MAX』製品レビュー、開封編

 中国メーカーUMiの新しいスマートフォン5.5インチの『UMi MAX』をGEARBESTさんより提供いただきました。さっそく開封レビューを行いたいと思います。

UMi-MAX-12

スポンサーリンク

『UMi MAX』製品レビュー、開封編

 『UMi MAX』はGEARBESTでセール販売されており値段は14,543円と低価格、かといってロースペックというわけではなくRAM3GB+Helio P10プロセッサ(1.8GHzx8コア)、指紋センサーにSony製の大容量バッテリー4,000mAh、パナソニック製の背面カメラ1,300万画素とパワフルな仕様となっています。

 『UMi MAX』の特徴や画像、スペック詳細は前回の記事より確認できます。

開封レビュー

UMi-MAX-Review-IMG_6592

 化粧箱は小さくシンプル、サイズを把握しやすいようiPhone 5を置いてみました。

UMi-MAX-Review-IMG_6595

 『UMi MAX』本体の下には説明書などの付属品がありました。

付属品を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6597

 同梱品を並べました。

UMi-MAX-Review-IMG_6598

 ACアダプターは日本向けではありませんが、付属のUSB Type-Cケーブルは各種USB充電器で充電できます。

UMi-MAX-Review-IMG_6601

 説明書は英語をはじめ複数の言語が用意されていますが、日本語はありませんでした。

UMi MAX本体を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6607

 背面には保護フィルムが貼られており、上図は左から外す前/外した保護フィルム/外した後となっています。

UMi-MAX-Review-IMG_6611

 フロントにも保護フィルムが貼られています。上図は同じく左から外す前/外した保護フィルム/外した後。

 ディスプレイ面は2.5D曲面仕様、コーニングのゴリラガラス3で保護されています。

背面には指紋センサーなど

UMi-MAX-Review-IMG_6621

 背面と側面は金属製で重厚感があります。指紋センサーにカメラ、中央にはUMiロゴが配置されています。

側面を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6623

 正面から見て左側面にはSIMスロットと「Shooting Button」という名称の撮影用と思われるボタンが配置されていました。

UMi-MAX-Review-IMG_6626

 その反対となる右側面、音量と電源ボタンがあります。

UMi-MAX-Review-IMG_6625

 底面にはスピーカーホールとUSB Type-C、そして説明書によるとマイクが配置されているようです。

UMi-MAX-Review-IMG_6628

 天面には3.5mmイヤホンジャック。

SIMスロットはデュアルSIM

UMi-MAX-Review-IMG_6629

 付属の取り出しピンでSIMスロットを確認、SIMスロットは2つでデュアルSIM構成となっており、そのうち1つはMicroSDカードスロットとしても利用できます。最大256GBのカードまでサポート。

筐体の感想

 『UMi MAX』はフルメタル筐体で5.5インチと大きい事から男性向けの硬派なイメージでした。金属+ゴリラガラス3ということで耐久性が期待できそうです。

UMi-MAX-Review-IMG_6618

 上図は左からiPhone 5 / Xiaomi Mi5 / UMi MAX / Nexus 6 となっています。

重さを知る

UMi-MAX-Review-IMG_6614

 重量は201gと少し重めですが、側面まで金属を採用した筐体ですから当然ですね。プラスチック筐体は遠慮したいというユーザーには『UMi MAX』の質感はピッタリだと思います。

 そんな逞しい外観でありながら約1.5万円というギャップ、素敵です。

 『UMi MAX』はGEARBESTにおいてセール価格14,543円で販売されています。次のリンクより製品画像を確認できます。

 Source:UMi MAX – GEARBEST

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

VIVO NEX ハンズオン動画が続々、Galaxy S9 PlusやOnePlus 6との比較も

画面占有率で頂点にたどり着いた『VIVO NEX』の開封やハンズオン動

Vivo NEX A発表、3辺ベゼルレス廉価版のスペック・価格・発売日

VIVOは上海で現地時間6月12日19:30より開催した発表イベントで

VIVO NEX発表、画面占有率91.2%などスペック・価格・発売日

VIVOは上海で現地時間6月12日19:30より開催した発表イベントで

発表直前『VIVO NEX / NEX S』の価格リーク

本日6月12日のイベントで発表される『VIVO NEX』と『VIVO

3辺ベゼルレス『Vivo NEX』のハンズオン動画リーク、明日6/12発表へ

いま最もベゼルレスなスマートフォン『Vivo NEX』は6月12日発表

完全ベゼルレス「VIVO NEX/NEX S」の製品画像とスペック、公式がフライング掲載

まもなく発表されるポップアップカメラ採用で完全なベゼルレスを目指した「

Unihertz Atom で技適取得を発表、世界最小タフネス仕様デュアルSIMスマートフォン

すでに8100万円の出資を獲得して大成功が約束された世界最小タフネス4

真のベゼルレス『Vivo Nex』が中国TVに登場、動画

まもなく6月12日に発表される予定のポップアップカメラ式を採用したこと

世界最小スマホ対決/Unihertz Atom vs Jelly Proでスペック比較

本日6月6日よりキックスターターで出資者の募集を開始したUnihert

世界最小4Gタフネス『Unihertz Atom』発表、au対応/RAM4GB/防水などスペック・価格

世界最小スマートフォンで話題となったUnihertzが新たに4G LT

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑