約1.4万円でRAM3GB/5.5型『UMi MAX』製品レビュー、開封編

 中国メーカーUMiの新しいスマートフォン5.5インチの『UMi MAX』をGEARBESTさんより提供いただきました。さっそく開封レビューを行いたいと思います。

UMi-MAX-12

スポンサーリンク

『UMi MAX』製品レビュー、開封編

 『UMi MAX』はGEARBESTでセール販売されており値段は14,543円と低価格、かといってロースペックというわけではなくRAM3GB+Helio P10プロセッサ(1.8GHzx8コア)、指紋センサーにSony製の大容量バッテリー4,000mAh、パナソニック製の背面カメラ1,300万画素とパワフルな仕様となっています。

 『UMi MAX』の特徴や画像、スペック詳細は前回の記事より確認できます。

開封レビュー

UMi-MAX-Review-IMG_6592

 化粧箱は小さくシンプル、サイズを把握しやすいようiPhone 5を置いてみました。

UMi-MAX-Review-IMG_6595

 『UMi MAX』本体の下には説明書などの付属品がありました。

付属品を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6597

 同梱品を並べました。

UMi-MAX-Review-IMG_6598

 ACアダプターは日本向けではありませんが、付属のUSB Type-Cケーブルは各種USB充電器で充電できます。

UMi-MAX-Review-IMG_6601

 説明書は英語をはじめ複数の言語が用意されていますが、日本語はありませんでした。

UMi MAX本体を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6607

 背面には保護フィルムが貼られており、上図は左から外す前/外した保護フィルム/外した後となっています。

UMi-MAX-Review-IMG_6611

 フロントにも保護フィルムが貼られています。上図は同じく左から外す前/外した保護フィルム/外した後。

 ディスプレイ面は2.5D曲面仕様、コーニングのゴリラガラス3で保護されています。

背面には指紋センサーなど

UMi-MAX-Review-IMG_6621

 背面と側面は金属製で重厚感があります。指紋センサーにカメラ、中央にはUMiロゴが配置されています。

側面を見る

UMi-MAX-Review-IMG_6623

 正面から見て左側面にはSIMスロットと「Shooting Button」という名称の撮影用と思われるボタンが配置されていました。

UMi-MAX-Review-IMG_6626

 その反対となる右側面、音量と電源ボタンがあります。

UMi-MAX-Review-IMG_6625

 底面にはスピーカーホールとUSB Type-C、そして説明書によるとマイクが配置されているようです。

UMi-MAX-Review-IMG_6628

 天面には3.5mmイヤホンジャック。

SIMスロットはデュアルSIM

UMi-MAX-Review-IMG_6629

 付属の取り出しピンでSIMスロットを確認、SIMスロットは2つでデュアルSIM構成となっており、そのうち1つはMicroSDカードスロットとしても利用できます。最大256GBのカードまでサポート。

筐体の感想

 『UMi MAX』はフルメタル筐体で5.5インチと大きい事から男性向けの硬派なイメージでした。金属+ゴリラガラス3ということで耐久性が期待できそうです。

UMi-MAX-Review-IMG_6618

 上図は左からiPhone 5 / Xiaomi Mi5 / UMi MAX / Nexus 6 となっています。

重さを知る

UMi-MAX-Review-IMG_6614

 重量は201gと少し重めですが、側面まで金属を採用した筐体ですから当然ですね。プラスチック筐体は遠慮したいというユーザーには『UMi MAX』の質感はピッタリだと思います。

 そんな逞しい外観でありながら約1.5万円というギャップ、素敵です。

 『UMi MAX』はGEARBESTにおいてセール価格14,543円で販売されています。次のリンクより製品画像を確認できます。

 Source:UMi MAX – GEARBEST

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベゼルレス『Essential Phone PH-1』、日本でも発売か

英国紙Financial Timesが”Androidの父”と呼ばれて

世界最小2.45インチのスマホ『Unihertz Jelly Pro』レビューが公開される

Unihertzが2.45インチという世界最小4G LTEスマートフォ

RAM4GBで2万円以下、デュアルスペース搭載5.5型『Coolpad Max A8』開封レビュー・スペック #TOMTOP

Qualcomm Snapdragon 617にRAM4GBというミッ

6型3辺ベゼルレス『Maze Alpha』の開封動画が公開、RAM4GBで20281円の格安スマホ

Xiaomi Mi MIXで話題となった3辺ベゼルレス仕様のスマートフ

3辺ベゼルレスRAM4GBが20281円に、『MAZE Alpha』をGearBestが独占販売セール実施中/スペック・製品画像

期間限定+台数限定ですが、3辺ベゼルレスにRAAM4GBを搭載しながら

税込7980円の3Gスマホ『BLU GRAND M』日本上陸、スペック・発売日

ソフトバンク コマース&サービスは6月9日、米国シェアNo.1の獲得実

トリニティ、『NuAns NEO [Reloaded]』の発売日を6月9日と発表

トリニティは6月7日、デジタルライフスタイルブランドNuAnsのAnd

Androidの父が5.71型『Essential PH-1』発表、ベゼルレス・拡張モジュールなどスペック・価格

「Androidの父」と呼ばれるAndy Rubin氏がGoogle退

『NuAns NEO [Reloaded]』がモバイルSuicaに対応、JR東日本が掲載

トリニティは5月25日、まもなく発売されるAndroid 7.1 搭載

FRONTIERが5.5型『FR7101AK』発表、DSDSやデュアルカメラなどスペック・価格・対応周波数

インバースネットは5月19日、FRONTIERブランドの新しいスマート

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑