Jumper EZpad 5SE製品レビュー、ワコムペンの重さなど開封編

 背面キックスタンドにワコムデジタイザを搭載した10.6インチという「Surface Pro 2」に限りなく近い仕様の『Jumper EZpad 5SE』の製品レビュー、今回は本体やワコムペンの重さなどを含めた開封編を記録します。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6837

スポンサーリンク

Jumper EZpad 5SE、ワコムペンの重さなど開封レビュー

 前回の話:ワコムペン付属で1.8万円、Jumper EZpad 5SE製品レビュー/特徴・スペック表を確認する

 『Jumper EZpad 5SE』の化粧箱は中国メーカーで採用が増えているシンプルなダンボール製とは少し異なりオリジナルの厚紙を使用した外箱に各製品に合わせたシールとウレタンフォームを使ったパッケージとなっていまいた。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6836

側面に貼られたシール。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6840

 ウレタンフォームからタブレット本体と同梱品を取り出します。

同梱品を見る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6841

 『Jumper EZpad 5SE』本体とMicroUSBケーブル、ワコムペン、ユーザーガイドがありました。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6842

 MicroUSBケーブル。

ワコムペンを見る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6843

 これが同梱されていたスタイラスペン。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6845

 小袋から取り出しました。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6848

 かなり小さいスタイラスペン、平べったい形で側面にボタンが1つ設けられていました。末端部分にボタンはなく、その手前にJumperという文字が印字されています。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6873

 反対側に”Wacom”の文字でもないかと、、、

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6875

 何か文字がありますね。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6876

 、、、Wacom???

Jumper_EZpad_5SE_Review_01

 CHINAかよっ!(日本におけるツッコミという、、、)

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6849

 スタイラスペンの大きさを伝えるべく再登場したiPhone 5、それと近くにあったことで急遽並べられたAmazon Fire Stickのリモコン。

ワコムペンの重さを知る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6869

 僅か3g、軽いとは思っていましたが紛失に気付かないほどの重量でした。

Jumper EZpad 5SEを見る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6850

 ここからは『Jumper EZpad 5SE』本体をチェックします。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6852

 ディスプレイ面の中央下にはWindowsキー、ここで手持ちのSurface Pro 2と見比べましたがベゼル幅やカメラ・Winキーの位置など見事なまでに似せていました。

 ディスプレイには保護フィルムを守る保護シートが貼られています。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6855

 保護シートを剥がすと保護フィルムが綺麗に貼られていました。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6853

 背面にはカメラとキックスタンドがあり、キックスタンドのヒンジ部分のスタート位置も同じでした。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6854

 キックスタンドは2段階で調整できるようになっており、Surface Pro 2と同じで角度は並べないと判らない程度ですが微妙に異なりました。(キックスタンド部には保護シートが貼られています)

 質感は高額なSurface Pro 2にかないませんが持ち比べると圧倒的に軽くて驚きます。それでいてグラついたりせずスタンドとしての機能を果たしています。ここまで高いレベルでコピ、、、仕上げながら2万円以下とは衝撃ですね。

側面を見る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6861

 天面にある電源ボタンと音量ボタン、側面の斜めに加工された筐体の角度も同等で、それでいてSurface Pro 2よりも明らかに薄く仕上げているのに驚かされます。

 2機種にはスペック差があり廃熱処理などの違いもあるので厚みが異なるのは当然かもしれませんが、この薄さは『Jumper EZpad 5SE』の魅力であるのは間違いありません。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6863

 ディスプレイ左側にはフルサイズUSB3.0/MicroUSB/MicroHDMIポートが並びます。そのまま底面のほうへ移動するとDC電源ポートがありました。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6866

 その反対側にはフルサイズUSB2.0とイヤホンジャック、MicroSDカードスロットが配置されています。

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6865

 底面には物理キーボードを接続するための端子と接続用の穴が設けられています。

重量を知る

Jumper_EZpad_5SE_Review_IMG_6868

 10.6インチ『Jumper EZpad 5SE』の重量は686gでした。同じ画面サイズのSurafce Pro 2は重さ907g(公式サイトのスペック情報より)ですから200g以上の重量差があります。

 ワコムデジタイザ搭載した10.6インチで700g切りは素晴らしいと思いました。

 次回は『Jumper EZpad 5SE』の初回起動(空き領域など)とSurface Pro 2との外観比較を行いたいと思います。

『Jumper EZpad 5SE』の価格

 今回『Jumper EZpad 5SE』を提供していただいたGEARBESTさんではセール特価により26%OFFとなる19103円で販売されています。

 下記の販売ページより製品画像やスペック、最新の価格を確認できます。

 リンク:Jumper EZpad 5SE – GearBest

 前回の話
 ワコムペン付属で1.8万円、Jumper EZpad 5SE製品レビュー/特徴・スペック表を確認する

 Jumper EZpad 5SEの記事一覧

その他・中華タブレットの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンク・プラチナバンド対応『ZTE Nubia Z17 Lite』とTronsmart音楽製品のセット販売セール実施中・ハンズオン動画 #Geekbuying

ソフトバンクのLTEプラチナバンドに対応するRAM6GB+背面1300

4カメラ/RAM6GBの6型『OUKITEL K10』発売セール、新年キャンペーンも開催中 #GearBest

日本向けセールなどを実施している海外通販サイト”GearBest”にて

前面2000万画素カメラ搭載『Huawei Nova 2』などのクーポン配布中、ドキドキセールも #Banggood

日本配送に対応している海外通販サイト”Banggood”にて『Huaw

プラチナバンド対応『OnePlus 5T』やHP製ゲーミングノートパソコンなど4製品クーポン #Geekbuying

日本への配送に対応している海外通販サイトGeekbuyingよりドコモ

ギネス申請中の12000mAhバッテリー搭載6型『DOOGEE BL12000』発売記念セール他 #Banggood

日本配送に対応している海外通販サイト”Banggood”にてギネスレコ

Razer、スマホ用ドック13.3型『Project Linda』披露・動画

RazerがCES 2018にあわせてスマートフォンをノートパソコンと

指紋センサー/メモリ8GB搭載13.3型『Teclast F6 Pro』発売記念セール開催中 #GearBest

日本配送をサポートする海外通販サイト”GearBest”にて、Core

最新ベゼルレス『Xiaomi Mi Mix 2』などに割引クーポン配布中 #Banggood

日本配送に対応する海外通販サイト”Banggood”より中国シャオミの

通信3社プラチナバンド対応『OnePlus 5T』やXiaomi Miシリーズ2機種などにクーポン発行 #Banggood

日本配送に対応する海外通販サイト”Banggood”よりドコモやauな

ゲーミングノートやデスクトップなど18機種が値下げ、『FRONTIER 初売りセール』開催中

格安デスクトップ・ノートパソコン、SSD、最新グラフィックカード搭載ゲ

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑