次期iPhone、全面ガラス製でVR対応の高描画性能を搭載か

公開日: : Apple

 アップルが来年リリースする次期iPhoneについて、ゴリラガラスで保護された全面ガラス製となりVRヘッドセットに接続して稼働するため高い描画性能になる一方で、バッテリーは限られたスペースに収められる可能性が海外で伝えられています。

iphones-2016

スポンサーリンク

次期iPhone、全面ガラス製でVR対応か

 元マイクロソフト社員で著名ブロガーのロバート・スコーブル氏は関係者から得た次期iPhoneに関する情報を自身のフェイスブックに公開しました。

 それによると次期iPhone(iPhone 8)のディスプレイには次世代の有機ELが採用され、全面ガラス製となりゴリラガラスが覆うという、これは複数の情報筋から確認したとのこと。

 次に次期iPhoneは眼球センサー搭載ヘッドセットに装着するとVR本体として動作、高い描画性能を持ち、それはNVIDA製1080カード搭載のデスクトップパソコンを上回ると伝えています。

 インターフェイスについては、アップルが2013年に約360億もの巨額を投じて買収したイスラエルのセンサー系半導体技術の開発を行っていたPrimeSense社による次世代3Dセンサーを搭載するとしています。

 また、バッテリーやアンテナは外周部の端に押し込まれるとも伝えています。

 高い描画性能を持ちながらバッテリー領域が狭くなるという相反する内容もあり、さすがに企画段階なのかもしれませんが日本向けにFeliCaサポートを実現してきただけに次期iPhoneへの期待は高まりそうです。

 Source:Forbes

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まもなく新型iPad発表か、「A1893」「A1954」2モデルが登場

アップルのタブレット端末iPadの最新モデル2機種がユーラシア経済連合

4.2インチiPhone SE 2がWWDC 2018で発表か、デザインやスペックの予想

2016年3月に発表された4インチの小型スマートフォン「iPhone

次期iPhoneは小さなノッチに変更か、次世代TrueDepthカメラはiPad Proに搭載とも

Appleの次期iPhoneシリーズに搭載されるTrueDepthカメ

「iPhone 5c」の修理で16GBから32GBモデルになる可能性

Appleの「iPhone 5c」を修理に出すと16GBモデルが32G

2018年版iPhoneはQualcommからIntelに乗り換えか

2018年にリリースされるiPhoneは従来のQualcommからIn

アップル、iPhone Xの生産量を半減か―出荷台数伸びは低調

米アップルの最新スマートフォン『iPhone X』について、1~3月期

次期iPhoneシリーズ3モデル、ノッチなし6.1インチ版やRAM4GB搭載X Plusなど

Apple関連情報で有名なKGI証券アナリストMing-Chi Kuo

iPhone Xは値下げせず夏にも生産終了か、KGIアナリストが予測

Appleの最新情報で有名なKGI証券アナリストMing-Chi Ko

ソフトバンク iPhone 8が月額1048円に、5分かけ放題+データ定額1GB

タブクル管理人がXperia XZで契約したソフトバンク代理店「おとく

Apple、 iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ

Appleが古いiPhoneに対して予期しないシャットダウンを防ぐため

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑