『Snapdragon 800』が次世代『Windows RT 8.1』対応へ

公開日: : Windows ,

 クアルコムはCOMPUTEX 2013にて、同社のプロセッサー最上位モデル『Snapdragon 800』がMicrosoftと協力して次世代『Windows RT 8.1』に対応すると発表しました。

qualcommtablet

スポンサーリンク

クアルコムで Windows RT

 Snapdragon 800は今年初頭に現行の『Snapdragon S4 Pro』に比べて 75% もの性能アップをするとして発表され2013年中に出荷を予定しているプロセッサ。

 最大2.2GHzで動作するほか、USB3.0 / Bluetooth v4.0 / Wi-Fi 11ac / Full HD などに対応を発表しています。 「MSM8974」においては Category 4 対応のLTEモデムチップを内蔵するとのこと。

 「Surface RT」はNVIDIA製プロセッサ「Tegra 3」を搭載していますが、今後クアルコムとMicrosoftの協力によりRTタブレットの選択肢が増えそうです。先日Microsoftは公式ブログでテザリング対応を標準サポートする発表しました。クアルコムのプロセッサもLTEモデムを内蔵していることからタブクルで勝手に予想しているSIMフリーWindows タブレットの一斉登場が楽しみになってきました。

Source:Engadget

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

ランサムウェア「WannaCry」の暗号化を解読、Windows XP向け解除ツール「Wannakey」配布開始

2017年5月より世界中でWindows XPに感染してファイルを暗号

データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

Microsoftは5月12日、Build 2017のセッションにおい

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

Microsoftは米国時間5月11日、「Build 2017」におい

Apple、『iTunes』をWindows Storeで年内提供へ

Microsoftは米国時間5月11日、開発者会議「Build 201

Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表―夏から各メーカーから搭載PC発売へ

Microsoftは米国時間5月2日、教育関連イベント「Learn w

Windows 10 Cloud の最小システム要件リーク、ChromebookやRTとの比較

Microsoftが5月2日に開催するイベントで発表されることが期待さ

ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

Qualcomm CEOがARMチップ上で動作するWindows 10

Microsoft Build 2017 参加申込、2月14日より受付開始

Microsoftが米国時間5月10日より開催する開発者向けカンファレ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑