次期Moto 360シリーズのサイズ判明か、「Small」は1.37型42mm、「Large」は1.55型46mm

公開日: : スマートウォッチ

 次期Moto 360シリーズについて新たに画面サイズとボディサイズ、ハンド幅といったサイズ情報が伝えられています。

moto360-20150901.1

スポンサーリンク

次期Moto 360シリーズのサイズ判明か

 これまで次期Moto 360について「Moto 360S」と「Moto [email protected]s氏によると「Moto 360 Small」と「Moto 360 Large」の2つとなるようです。

 それぞれのサイズ情報も次のように伝えられています。

「Moto 360 Small」のサイズ情報

 「Moto 360 Small」は画面サイズ1.37インチ(解像度は不明)、ボディは42mm、時計バンド幅は20mmと細くなっています。

「Moto 360 Large」のサイズ情報

 「Moto 360 Large」は画面サイズ1.55インチと少し大きく、ボディも46mm、時計バンド幅は22mmとなっています。

 初代Moto 360よりも薄くなっているかどうか知りたいところですが、ここまで情報が伝えられてくるとMotorolaの発表も近いような気がします。

 最新のMoto 360記事一覧

Source:Twitter

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニューバランス、スマートウォッチ『Run IQ』発表―スペック・価格・発売日

ニューバランスは1月5日、ランナーのためにランナーによって作られた新し

Google、Android Wear2.0と一緒に新スマートウォッチ2製品の2017年Q1発売予定を明らかに

Googleが2017年中に最新OSとなるAndroid Wear 2

Fitbitが「Pebble」買収を発表、同名ブランドは生産終了へ

 活動量計メーカーのFitbitがスマートウォッチを販売する「Pebb

Fitbitが「Pebble」を買収か、Pebbleブランド廃止とも

 活動量計を手がける「Fitbit」がスマートウォッチ「Pebble」

凍らせても熱湯もOK!?活動量計『Xiaomi Mi Band 2』開封レビュー、製品特徴と実験動画

 Xiaomi製のスマートフォン「Xiaomi Mi5」とノートパソコ

Android Wearスマートウォッチが決済サービスAndroid Pay対応へ

 Googleが提供するウェアラブル向けOS『Android Wear

売切れ中『Pokémon GO Plus』の12月5日入荷分が予約受付開始 #ポケモンGO

 入手されるたびに即完売となるポケモンGO向けウェアラブル端末の『Po

売切れ高騰中の『Pokémon GO Plus』が本日10時に再入荷 #ポケモンGO

 入手困難なポケモンGO向けウェアラブル端末の『Pokémon GO

Apple Japan、スマートウォッチ『Apple Watch Series 2』のCM「Go Time」公開

 Apple Japanは10月15日、最新スマートウォッチ『Appl

Geekbuying、SIMフリーAndroid 5.1搭載スマートウォッチやXiaomi Mi Bandなど活動測量計のセール開催中

 日本配送に対応している海外ショップ「Geekbuying」で期間限定

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑