『Surface Book』をiFixitが分解、タブレット側のバッテリー容量は2387mAhと少なめ

公開日: : Microsoft Surface ,

 Microsoftの『Surface Book』をiFixitが分解、各種パーツの詳細が公開されています。

Surface-Book-teardown

iFixit、『Surface Book』を分解

 分解された『Surface Book』はCore i5/RAM8GB/ROM128GBモデルで、プロセッサは「Intel Core i5-6300U」を搭載していました。RAMとROMはSamsung製でRAMはチップ4枚でトータル8GBになり、ストレージは64GB NAND Flash 2枚で128GBとなっていました。

タブレット部のバッテリー容量

Surface-Book-teardown.1

 『Surface Book』のタブレット部は2387mAh(18.0Wh/7.5V)と少なめのバッテリーでした。これはMicrosoftが発表時にタブレット側のことを”クリップボード”と呼んでいたことからも覚悟していた容量です。

 やはり従来の「Surface」シリーズとは異なりメインはノートパソコンのスタイルであり、オプションとしてタブレットモードが用意されている感じなのでしょう。

 なお、キーボード側のバッテリー容量は6800mAh(51Wh/7.5V)を積んでいます。

 修理の難易度は10点中最も難しい1と評価されています。

 前回のiFixit
 『Surface Pro 4』をiFixitが分解、バッテリー容量は”Pro 3”より減少

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

Surface Laptop 2が分解され、今回もiFixitの修理しやすさ評価「ゼロ」に

修理会社iFixitが最も修理しにくいとして選んだ「Worst Dev

Surface Pro 6をiFixitが分解、ディスク交換ほぼ不可能と判明

10月16日より発売された『Surface Pro 6』を修理会社iF

Surface Pro 6 / Surface Laptop 2の紹介動画が公開、あす発売に向けて

日本マイクロソフトは10月15日、あす発売のSurface Pro 6

→もっと見る

PAGE TOP ↑