NTTドコモ、10.5型タブレット『arrows Tab F-04H』発表 – スペック・発売日

公開日: : 富士通 ,

 NTTドコモは5月11日、タブレットの2016年夏モデルとして富士通製『arrows Tab F-04H』を7月下旬より発売すると発表しました。

arrows-Tab-F-04H-1

10.5型『arrows Tab F-04H』のスペック・発売日

 『arrows Tab F-04H』は側面と底面に滑り止め加工「grip edge」を施してキッチンや浴室の壁に立てかけて使用できたり、壁がない場所でも利用できる卓上スタンドを同梱するほか、IP58相当の防塵防水性能と米国防総省軍事調達規格のMIL-Spec14項目に準拠、場所を選ばずに使えるAndroidタブレットに仕上がっています。

arrows-Tab-F-04H-5

 壁があればタブレット単体で自立できる「grip edge」。

 保護ケースやカバーを装着すると無効になってしまうのが残念ですが、浴室とキッチンまで気軽に持ち運べるのは便利ですね。

主なスペック・仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Fujitsu arrows Tab F-04H
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 808 MSM8992/ 1.82GHz+1.44GHzヘキサコア/Adreno 418
RAM 3GB
ストレージ 32GB
SDカード MicroSDカード最大200GB対応
液晶 10.5インチ有機ELディスプレイ
解像度 2560×1600/WQXGA
前面カメラ 240万画素
背面カメラ 810万画素
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
サイズ 266×175×6.8mm
重さ 430g
バッテリー 6000mAh

 

基本スペックについて

 『arrows Tab F-04H』はQualcomm製Snapdragon 808ヘキサコアプロセッサ+RAM3GBを搭載、内部ストレージは32GB、外部メモリとしてmicroSDXCカード(最大200GB)をサポートしています。

 バッテリー容量は6000mAh。

ドコモ対応サービス

 防塵防水に加えワンセグ/フルセグが視聴できるのでバスタイムで活躍できるタブレットとなりそうです。

arrows-Tab-F-04H-4

 

虹彩認証「Iris Passport(アイリス パスポート)」に対応

 『arrows Tab F-04H』は画面を見るだけでロック解除を行える虹彩認証「Iris Passport(アイリス パスポート)」に対応しています。

arrows-Tab-F-04H-6

 「Iris Passport」はパスワードマネージャーと連携可能で画面を見るだけでウェブサイトへのID・パスワードを自動入力できるほか、プライバシーモード機能により特定のアプリ(ギャラリー、チャット、メール)の新着を非表示(※1)することもできるとしています。

 ※1・・・アプリによって新着を非表示にできない場合があります。ステータスエリアと通知パネルに表示できる通知のみ非表示にできます。アプリケーションシークレット設定が必要です。

プリインストールアプリ

arrows-Tab-F-04H-7

 文字入力を支援する「Super ATOK ULTIAS」とオフィスドキュメントを閲覧・編集できる「WPS Office」をプリインストールしています。

 他にも画像に描かれている文字をコピーできる「なぞってコピー」や「タッチブロックモード」、ランチャー「スライドインランチャー」、画面をキャプチャして手書きもできる「キャプメモ」、手袋でタッチ操作が行える「手袋タッチ」などを搭載しています。

発売日・カラーバリエーション

 『arrows Tab F-04H』の・カラーバリエーションはBlackとWhiteの2色展開で、発売日は2016年7月下旬を予定としています。

arrows-Tab-F-04H-2

arrows-Tab-F-04H-3

 2016年夏モデルの記事一覧

 Source:NTTドコモ

よく一緒に閲覧される記事

13.3型で世界最軽量634g、富士通がFMV UH新モデル発表

富士通クライアントコンピューティング株式会社(神奈川県川崎市)は6月

世界最軽量643gの13.3型ノートPC「富士通 LIFEBOOK UH-X/E3」発表、スペック・発売日・価格

富士通クライアントコンピューティングは10月19日、モバイルノート

7/19日限り、アマゾンで「富士通のノート、デスクトップPC」特集セール開催中

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて数量や時間で値下

→もっと見る

PAGE TOP ↑