5型デュアルOS搭載ミニPC・タブレット『Gole1』のハンズオン動画・レビュー

 豊富なインターフェイスを持った小型PCに5インチのディスプレイを加え、タブレットとして機能するセンサーも備えた『Gole1』のハンズオン動画レビューが海外メディアより公開されています。

gole1-review-02

Android OSを起動してレースゲーム。

『Gole1』のハンズオン動画・レビュー

 『GOLE1』はデュアルOS構成で、標準のWindows 10 Homeに加えてAndroid 5.1をプリインストール、端末としては小型PCという位置づけなのでピュア・タブレットと比べ拡張性に優れているのが特徴です。

GOLE1-4

ハンズオン動画・レビュー

 今回はLiliputingより『GOLE1』のハンズオン動画が公開されています。

 

Windows/AndroidだけでなくUSBメモリからの起動もサポート

 Windows 10 はAndroidに比べるとタブレットに向いているとは言えないOSですが、『GOLE1』は小型PCとしても使えるので2つのOSが得意とする使い方を選べます。

gole1-review-01

 『GOLE1』をタッチパネル、コントローラーとして使えるのもポイント。

gole1-review-03

 AndroidのアプリではWii Uのようにコントローラーとして使えます。記事冒頭の画像は傾きを検知してレースを楽しんでいるところ。

BIOS設定

 『GOLE1』は小型PCとしてBIOSの設定も簡単に行えます。ブートオプションからUSBメモリの優先順位をあげることでUbunttuやAndroidベースでマルチウィンドウに対応するRemix OSの起動が可能。

gole1-review-04

USBメモリからUbuntuを起動。

 WindowsやUbuntu起動時には『GOLE1』の豊富なインターフェイスが力を発揮します。マウス・キーボードが使えるのでデスクトップマシンとしても使えます。さらにバッテリー内蔵なので24時間稼働させる簡易サーバーとしての運用も良さそうです。日本で代理店となって扱ってくれる企業がいたら買ってしまいそうです。

GOLE1-3

 個人的には豊富なインターフェイスの1つにUSB Type-Cを加えてもらえると電源・充電(DC-SV端子)から映像転送(HDMI)、USBハブ(USBポート)を1本のケーブルで接続できてタブレットと小型PCの切替が容易になるのになぁ~と思いました。それを次期デバイス「Gole2」?に期待したいですね。

 『GOLE1』の詳しいスペックと画像、価格などは次の記事より確認できます。
 →僅か5インチのデュアルOSな小型PC『GOLE1』登場、価格は79ドル~スペック

よく一緒に閲覧される記事

メモリ8GB/Win10Pro/995g/11.6型BMAX MaxBook Y11 Plusが特価39791円に、スペック

360度ヒンジでタブレットのようなスタイルで使用可能なUSB

約12.2万円の15.6型Android「LUCAタブレット」発表、スペックと特徴

アイリスオーヤマは8月31日、業界最大クラスという15.6イ

QWERTYタブレット「HandiPi」登場、スペック

まるでBlackberryスマートフォンをタブレット化したようなキー

→もっと見る

PAGE TOP ↑