7インチ対決!smartQ S7,VVSUM K7,原道N70双撃,Novo7Aurora2比較表

公開日: : 最終更新日:2012/07/12 その他・中華タブレット , ,

赤札天国で買える7インチ&デュアルコア端末に「SmartQ S7」があります。

以前、「SmartQ S7」個別スペック表を記事にしていますが

今度は出揃った7インチ&デュアルコア端末でガチンコ対決をすべく比較表を作成しました。

「SmartQ S7」のCPUやGPUについて詳しく調査してみましたが

先に比較表を掲載します。

smartQ S7,VVSUM K7,原道N70双撃,Novo7Aurora2比較表

比較表から考える

Novo7のデュアルコア端末はGPUが2コアと既に古くなっているのでしょうか

それとも優秀なコアが2つと捉えるべきでしょうか

単純にクアッドコアが有利なら他メーカーが動画再生能力で優れている事になります。

SmartQ S7は、すでに発売している強みがありますが、価格が後発よりも少し高くなってしまいます。

  • すぐ届き、不具合も把握しやすい7インチsmartq s7を取るか
  • 未来のVVSUM K7を取るか

ディスク容量が4GBは辛いですね

CPUやGPUについては詳細を調べました。

CPU「OMAP4430」について調べてみる

wikiで調べてみました。

  • 1-1.2 GHzデュアルコアCortex-A9
  • PowerVR SGX540(304 MHz)
  • 日本製品でも多く使われているCPUで安心かも知れない

GPU「PowerVR SGX540(304 MHz)」について調べてみる

情報が少なくて困りましたが、ようやくWikiを見つけました。

わかりやすくリンクしてくれると良いのですが。。。

  • コア数は4コアです!
  • Galaxy Sにも搭載されているので動画再生能力が把握しやすいですね
  • CPUのページでは304MHzでしたがGPUのページでは384MHzでした。

SmartQ S7は買いか

Novo7 Aurora2の不具合と未だ発売の目処が立たないBurningから

不具合の調整がついていないのではと勘ぐってしまします。

そのなか、ドコモやAUで販売されている端末に使用されているCPU(GPU)を搭載する

SmartQ S7は地雷率が低いのではないかと思いました。

レビューを調べるとNovo7 Auroraよりは早いというブログも見受けられました。

トリッキーな機能よりも「普通に使えること」が一番の条件かもしれません。

ディスク容量4GBにSDカード32GBを装着すれば問題ないという方

安定志向の方は買いかも知れませんね。

以前の記事ですが、SDカードも32GBで1500円以下になってきました。

あくまで自己責任ですが、初タブレットの方は良いタブレットかも知れません。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑