au+ドコモのデュアルSIMを「Xiaomi Redmi Note 4X」で試す、割引クーポンコード付き

3周年を迎え記念キャンペーンを展開している日本配送に対応する海外ショップGearBestよりサンプル提供いただいた「Xiaomi Redmi Note 4X」のレビュー、今回は手持ちのauガラケーSIMとドコモMVNO用SIMを2枚使って通話とデータ通信ができるか試した内容を記録します。

Xiaomi_Redmi_Note_4X-Review-SIM-IMG_2126

Xiaomi Redmi Note 4Xでau/docomoのデュアルSIMを試す

「Xiaomi Redmi Note 4X」は初音ミクとのコラボで話題を集めたミッドレンジのスマートフォン、とはいえXiaomiなのでスペックは高めで低価格(最新価格は記事末尾リンクより)というのが特徴となっています。

SIMカードを装着

「Xiaomi Redmi Note 4X」はMicroSIM+NanoSIMという2枚構成のため、今回は『Xiaomi Redmi 3S』でデュアルSIMを試した時のSIMカードを使いました。

Xiaomi_Redmi_Note_4X-Review-SIM-01

auガラケーのSIMとドコモMVNOのSIMをセット、上図左(電話番号は白塗り)の表示になりましたがauガラケーSIMの電話番号が表示されず認識されていないようです。

そのため前回と同じく「Xiaomi Redmi Note 4X」を再起動したところ「3(2G)」から「Hutchison」へと名前と電話番号が表示されるようになりました。

通話を試す

Xiaomi_Redmi_Note_4X-Review-SIM-02

auガラケーの番号が表示されたので電話をかけてみたところ、通話することができました。通話中は上図の通知バーのようにドコモSIMが通信できない状態となっていました。

Xiaomi RedmiシリーズでQualcomm Snapdragonという構成だったので期待していましたが特に設定することなく通話できたので安心しました。

GearBestでは3周年記念としてXiaomi Redmi Note 4X(クーポンコード:NOTE4XR)が配布されています。

Xiaomi Redmi Note 4Xの記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)日本版「Xiaomi Mi Note 10」が特選タイムセールで大幅値下げ

Amazonのタイムセール祭りでRAM6GBに世界初の1億800万

カメラの見えないスマホへ、Xiaomiが「画面埋め込みカメラ」発表

中国Xiaomiは現地時間8月28日、スマートフォンのディスプレイ

RAM6GB/128GBな6.67型ゲーミングスマホが特価23,312円に、3日間限定

小型タブレットとしても十分に使える大画面6.67インチにRAM6G

→もっと見る

PAGE TOP ↑