ARM版Windows 10搭載PCは2017年内に発売予定、常時接続セルラーPCへ

公開日: : 最終更新日:2017/04/22 Windows , ,

Qualcomm CEOがARMチップ上で動作するWindows 10を搭載したモバイルPCについて、2017年第4四半期に発売予定であることを明らかにしました。

MS-Qualcomm-01

ARM版『Windows 10』は2017年内に発売へ

クアルコムのCEO Steve Mollenkopf氏は2017年度第2四半期決算カンファレンスにおいて、同社の最新フラッグシップSnapdragon 835がWindows 10 搭載モバイルPCの設計に拡大しており、2017年末に発売予定だと語りました。

これまでWindows 10はx86チップのみで動作していましたが、クアルコムとマイクロソフトはARMベースのWindows 10 PCを共同開発、Adobeソフトウェア「Photoshop」の動作デモなどが行われています。

セルラーPCの時代へ突入か

ARMベースWindows 10はスマートフォンで培ってきた高速モデムを活用したセルラーネットワークに常時接続されるほか、Snapdragon 835チップセットに統合されるBluetooth 5やWi-Gigといった無線技術も利用可能となるため、現行のノートパソコンよりもネットワーク関係が大幅に強化されることが期待されます。

さらにスマートフォン向け設計の恩恵としてセルラーPCもまたバッテリー寿命が長くなる可能性があります。

しかし、QualcommはARM版Windows 10に対して慎重とも伝えられています。その理由としてx86アプリとの互換性、Windows RTタブレットの失敗などが挙げられています。

前回の話
ARMベースのWindows 10は2017年リリース、Win32アプリも動作可能/Qualcomm搭載デモ動画

前回のSnapdragon 835
Snapdragon 835 (MSM8998) がベンチマークGeekbenchに登場、スコア改善

Source:Seeking AlphaQualcommの記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑