グーグル、日本語版『Googleアシスタント』提供開始を発表

Google Japanは5月29日、Androidスマートフォン向けに日本語版『Googleアシスタント』の提供開始を発表しました。

また日本語版リリースに合わせてウェブサイトも公開しています。

google-news-20170529.1

日本語版『Googleアシスタント』提供開始

『Googleアシスタント』は自然言語の技術で話した言葉を理解し、人と自然な会話をするようになったほか、機械学習とGoogleの様々な製品を組み合わせてユーザーをサポートするとしています。

使い方はスマートフォンのホームボタンを長押し、または「OK、Google」と声をかけて『Googleアシスタント』を起動します。

『Googleアシスタント』に自分の名前や好きな食べ物を教えることで精度を高められるとしており、ちゃんと覚えているか確認もできるほか、次のような例が挙げられています。

その他にも、「北海道で撮った夕陽の写真を見せて」と、Google フォトからお探しの写真を見つけ出したり、「お母さんに『来週末に行くね』とメールして」で簡単なメッセージを送ることもできます。気になる天気も「今日は傘がいるかな?」と、話しかけるだけで、今知りたいことが分かります。もちろん、文字での入力にも対応していますので、電車の中でも安心してお使いいただけます。

google-news-20170529

『Googleアシスタント』はAndroid 7.0 Nougat と Android 6.0 Marshmallow に対応し、Google Play ストアを搭載する 全てのAndroid スマートフォンで使えるのようになるとしています。

Source:Googleアシスタント

よく一緒に閲覧される記事

待望の「Pixel Fold」近づく、Android 12.1の折りたたみスマホ動作動画・ドックなど新機能

未発表のAndroid 12.1に関してXDAで新たなレポートが投稿さ

古いPCをAndroidで復活「Android-x86」とは、Google Playやマルチウィンドウ対応

長く眠らせているパソコンを快適なAndroid端末にするのはいかが

Nexus 5をPC化、Lomiriとは(Ubuntu Touch ハンズオン動画)

Ubuntu Touchを守ったUBportsは、デスクトップ環境「L

→もっと見る

PAGE TOP ↑