廉価版『iPhone X』が2018年に発売か、コードネームも

公開日: : Apple ,

台湾メディア「經濟日報」は10月19日、Appleが先日発表した『iPhone X』に低価格版を用意している可能性があると報じました。

iPhone-X-leaks-20171021

廉価版『iPhone X』が2018年に発売か

經濟日報はAppleサプライチェーンから得た話として、Appleは『iPhone X』をハイエンドとローエンドにわけて販売する計画があるそうで、すでにコードネームも存在するとのこと。

ハイエンドモデルは里斯本(Lisbon)というポルトガルの首都にちなんだ名前で、ローエンド(廉価版)は杭州(Hangzhou)という中国の地名になっているそうです。発売国は中国やインドなど低価格スマートフォンが普及している地域になるとみられています。

Macお宝鑑定団によれば、Appleが低価格版をリリースする際はストレージ容量を下げたモデルが追加されてきたとして今回の『iPhone X』も発表されていない32GBモデルなどが用意されると推測、そして価格は1万円ほどしか引き下げられないのではないかとも伝えています。

10月27日から予約受付が開始される『iPhone X』は64GBモデルが112800円+税となっています。(参考:『iPhone X』の日本価格は112,800円~、発売日・予約開始の日時

iPhone X発表記事
Apple、5.8型『iPhoneX』発表、ベゼルレス・顔認証Face IDなどスペック・価格・発売日

前回のiPhone
Apple Pencilではないスタイラスペン付属『iPhone』は2019年に発表か

前々回のiPhone
Apple、LGと折り畳み式iPhoneを計画か―2020年にパネル生産とも

⇒最新のiPhone記事一覧

Source:經濟日報Macお宝鑑定団

よく一緒に閲覧される記事

次期iPhoneは前面1200万画素カメラか、背面には超広角レンズ追加とも

次期iPhoneシリーズの前面カメラが1200万画素にアップグレードさ

Apple、「iPad Pro」の紹介動画6つを公開

Appleが新たに「iPad Pro」を使って動画制作や音楽制作、結婚

次期macOSでiPadがワコム液晶タブレット化か、新機能「Sidecar」の噂

Appleが2019年6月に開催するWWDCで発表が予想されている次期

→もっと見る

PAGE TOP ↑