楽天、携帯キャリア事業への新規参入を表明―サービス開始時期など計画案

公開日: : 楽天

楽天は12月14日、本日開催の取締役会において携帯キャリア事業への新規参入を目指すことについて決議したと発表しました。

rakuten.mobile-news-20171214.01

楽天が携帯キャリアへ

楽天は今朝から報じられていた携帯通信事業への参入について正式に発表しました。同社の計画案によると新規に会社を設立し、当該事業を担当するとしています。

サービス開始時期については2019年中を予定、目標ユーザー数は1500万人以上、そして携帯電話基地局の設置工事等の設備投資のための資金調達を想定を明らかにしました。

資金調達残高は2019年のサービス開始時において約2,000億円、2025年において最大6,000億円となり、その後当該残高は逓減していくと想定しています。

資金調達主体は楽天株式会社と新規設立子会社、手段は全額、銀行借入等の有利子負債にて行う予定とのこと。

事前にニュースにもありましたが同社は2018年1月~2月ごろに周波数割り当ての申請を行い、3月末頃に認定を受ける予定としています。

前回の話
楽天が第4の携帯キャリアへ、電波取得申請に向け6000億円を投資

Source:楽天

よく一緒に閲覧される記事

楽天モバイル、Rakuten MiniなどAndroid 12アップデート対象外か

楽天は10月27日、通信サービス「楽天モバイル」で販売しているAndr

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

HONDAと楽天、自動配送ロボットの実証実験を開始

本田技術研究所は2021年7月19日、楽天グループ共同で筑波大学構内に

→もっと見る

PAGE TOP ↑