次期iPhoneシリーズ3モデル、ノッチなし6.1インチ版やRAM4GB搭載X Plusなど

公開日: : Apple

Apple関連情報で有名なKGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏が公開した次期iPhoneシリーズの3モデルに関する最新予測をMacRumorsが掲載しています。

iPhone-2018-img

次期iPhoneシリーズ3モデルの最新予測

Ming-Chi Kuo氏はアジアのサプライチェーン関係から得た情報として、Appleの最新スマートフォン情報を公開しました。

6.1インチ新しいiPhone

6.1インチの新しいiPhoneについては、Pegatron・Foxconn・Wistronの3社が60%・30%・10%の割合で担当することとなり、液晶はジャパンディスプレイがベゼル幅0.5mmと狭いフルアクティブ液晶を70%供給することになるだろうと伝えました。

また、iPhone Xのようにホームボタンは廃止され、ほぼフルスクリーンのデザインへ変更。TrueDepthセンサーを搭載して「Face ID」や「アニ文字」が利用可能になるとのこと。

バッテリー容量はiPhone Xより8.5%大きい2850mAhから2950mAhになるほか、価格は700~800ドルになるだろうとしています。

iphones-2018-kgi

次期iPhone Xと新機種iPhone X Plusについて

次期iPhone Xについては大きなアップグレードはなく、6.5インチのiPhone X PlusについてもRAM4GBを搭載し、バッテリー容量は3300~3400mAhとiPhone Xと比べて25%増量される可能性があるとのこと。

同氏は、それらの情報に加えて、次期iPhoneシリーズでは6.1インチ版iPhoneに人気が集まるのではないかと伝えています。

前回の話
iPhone Xは値下げせず夏にも生産終了か、KGIアナリストが予測

Source:MacRumors

よく一緒に閲覧される記事

次期iPhoneは9月10日に発表で13日より予約開始か、iOS13 Beta7にヒント

Appleが新たに公開したiOS13 Beta7において、次期iP

やはり『iPhone 11 Pro』か、次期iPhoneの名称をケースメーカーが公開

先日、次期iPhoneから名称に「Pro」を採用する可能性が伝えられた

iPhone Pro誕生か、Apple Pencilやトリプルカメラ搭載など

次期iPhone(iPhone 11)について、新たに「Pro」モ

→もっと見る

PAGE TOP ↑