技適あり、世界最小LTEスマホ『Jelly Pro』が日本で販売開始―価格・対応周波数

公開日: : 最終更新日:2018/02/18 スマートフォン , ,

Unihertzがクラウドファンディングでリリースした2.45インチの世界最小LTE対応スマートフォン『Jelly Pro』が日本で販売されました。

jelly-Pro-japan

『Jelly Pro』が日本で販売開始、価格・対応周波数

Unihertzは2018年1月に『Jelly Pro』が技適認証を取得したことを公式Twitterアカウントにて発表しました。

世界最小のLTE対応スマートフォンということで4G LTEに対応しています。対応周波数は次のようになっています。

GSM: 850(Band5)/ 900(Band8)/ 1800(Band3)/ 1900(Band2)MHZ
WCDMA: 850(Band5)/ 900(Band8)/ 1700(Band4)/ 1900(Band2)/ 2100(Band1)MHZ
FDD-LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
TD-LTE: Band 40

4G LTEではドコモのB19とソフトバンクのB7/B8とプラチナバンドをサポートしており、日本での販売は計画に入っていたと思われます。

jelly-Phone.2

『Jelly Pro』の画面サイズは2.45インチ(240x432解像度)などスペック詳細は下記の販売ページより確認できます。

価格

『Jelly Pro』はアマゾンで価格13799円(プライム対応)にて販売されています。並行輸入品は26950円となっているので正規版が半額ということになります。

クラウドファンディング時の価格から考えると高く感じてしまいますが海外旅行に1つ欲しくなってしまいますね。

リンク:Jelly Pro

追記

注文しました。
世界最小LTEスマートフォン『Jelly Pro』を注文した話、動画

よく一緒に閲覧される記事

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

7,480円のSIMフリーガラケー『un.mode phone 01』の一般予約スタート

クラウドファンディング「Makuake」(マクアケ)で出資者を募集して

→もっと見る

PAGE TOP ↑