総務省、楽天の携帯電話事業参入を認定―第4の携帯会社が誕生

公開日: : 楽天

総務省は4月9日、楽天に対して電波を割り当て携帯電話事業への参入を認定しました。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに続く国内で4社目となり、同社は2019年10月にサービスを開始する予定としています。

rakuten-mobile-news-20180410.1

総務省、楽天の携帯電話事業参入を認定

野田聖子総務相が認定書を交付する式典では、楽天のほかに電波の追加割り当てが認定されたNTTドコモ、KDDI/au、ソフトバンクが出席し、楽天は三木谷浩史会長兼社長が姿を見せました。

楽天の携帯電話サービスは、現在展開している他社回線の格安スマートフォン事業「楽天モバイル」と同等の料金プランを計画しているほか、大容量のデータに対応するプランや法人サービスも検討しているようです。

rakuten-mobile-news-20180410

楽天モバイルの料金プラン。

楽天モバイルでは1年目1980円+税からとなっています。

これまでの話
楽天、携帯キャリア事業への新規参入を表明―サービス開始時期など計画案
楽天が第4の携帯キャリアへ、電波取得申請に向け6000億円を投資

Source:テレ朝NEWS

よく一緒に閲覧される記事

楽天モバイル、Rakuten MiniなどAndroid 12アップデート対象外か

楽天は10月27日、通信サービス「楽天モバイル」で販売しているAndr

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

HONDAと楽天、自動配送ロボットの実証実験を開始

本田技術研究所は2021年7月19日、楽天グループ共同で筑波大学構内に

→もっと見る

PAGE TOP ↑