ワコム、電子ペン技術でSamsungと資本・業務提携へ

公開日: : ニュース

ワコムは1月30日、韓国Samsung Electronicsと資本・業務提携すると発表しました。

Samsungはワコム発行済み株式の約5%を取得し、資本参加をすることになる。

ワコムのペンタブレット技術はSamsungの「GALAXY Note」で採用されており

今回の資本・業務提携で協力関係を強化するとのこと。

wacom-01

ワコム、Samsungが資本・業務提携へ

サムスンは、ワコムの発行済み株式の約5%にあたる自己株式を

「Samsung Asia」に割り当て、約53億円を調達。

Samsung向けに製品開発や供給体制の強化を行うとしています。

編集後記

サムスンによる日本の技術者使い捨て報道では

はじめに多額の報酬を提示するとしていました。

今回、株式以外にも美味しい条件があったのかもしれませんし

日本企業の先行きは不安が拭い切れないとも思えます。

サムスンですか、、、。

日本で革新技術を提供する会社に

サムスンというトンネルが出来てしまうのは不安がありますね。

超高齢化社会を迎える日本はハイテク産業・技術革新の競争よりも

技術継承に絡ませた退職問題や再生医療、福祉サービスに

多くの税金が投入されそうな気がします。

若い世代が政治に関与しやすいSNSやアプリ

WEBサービスがあると良いかもしれません。

Source : ITmedia

よく一緒に閲覧される記事

ユニクロ・GUが個人情報46万件を流出、氏名/住所/サイズ/購入履歴など該当者はパスワード初期化へ

ファーストリテイリングは5月13日、ユニクロおよびジーユーの公式オ

「ゆうちょPay」提供開始、先着100名に現金500円プレゼントやデジタルギフトなどキャンペーン中

ゆうちょ銀行は5月8日、モバイル端末向けのQRコード決済サービス「ゆう

銀行が集結するスマホ決済『Bank Pay』は2019年秋リリース

日本電子決済推進機構は4月22日、1000以上の銀行口座から直接支払え

→もっと見る

PAGE TOP ↑