カメラ収納ベゼルレス『vivo APEX』が目撃される、2018年内リリースへ

公開日: : スマートフォン

Vivoが2018年2月のMWC2018でコンセプトとして披露したポップアップ式の前面カメラによりノッチさえもなくした限りなくベゼルレスなスマートフォン『vivo APEX』の実機が目撃、撮影されました。

vivo-apex-caught-on-wild-shots.1

『vivo APEX』が目撃される、2018年内リリースへ

2月時点で『vivo APEX』は画面サイズ6インチでアスペクト比18:9でFHD+(2160x1080)解像度のOLEDディスプレイを搭載したスマートフォンで、フレームについてはベゼル幅がトップとサイド1.8mm、ボトムが4.3mmと伝えられています。

その際、ボトムもまた1.8mmを目指すとしていました。

vivo-apex-caught-on-wild-shots

上図を見る限り、前回の画像・動画と比べてボトムのベゼル幅はかわっていないようにも見えます。

以前、前面カメラは自撮りモードにアプリを切り替えるとトップ部分からカメラが飛び出してくるという説明がありました。

『vivo APEX』は2018年中頃に生産を開始する予定と伝えられていましたが、今回の街中で見かけたバージョンは量産を開始する直前の最終モデルではないかとみられています。

前回の話
Vivo、4辺ベゼルレス『Apex』公開―ポップアップカメラでノッチ対策・ハンズオン動画

Source:gizchina

よく一緒に閲覧される記事

2.0型『Punkt. MP02』が日本で8/8発売、価格

Punkt.(プンクト)はスマートな携帯電話『Punkt. MP0

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

→もっと見る

PAGE TOP ↑