赤札天国で2位の「CUBE U30GT」を調べてみた

公開日: : 最終更新日:2012/07/22 その他・中華タブレット

7インチの覇権争いの中、赤札天国さんで2位をキープしている

CUBE U30GT」に興味がわき、少し調べてみました。

10インチというと結構な大きさですが、需要があるようです。

手持ちのL-06Cとスペックを比較してみた

U30GT以外に画面の大きなタブレットを調べたことがないので

手持ちで最大のL-06C(8.9インチ)と比較してみました。

U30GTを表にするとハイスペックぶりがわかりました。

U30GTが人気(2位)の理由を考える

U30GTは674グラムと軽くなく7インチのように持ち出せるサイズでもありません。

それでも赤札天国で2位をキープし続ける理由を知りたいと思いました。

  1. バッテリーが大きい(7200MAh)
  2. 安定しているデュアルコアのRK3066を採用している
  3. (RK3066だから)GPUが4コア
  4. 解像度が高い(1280×800)
  5. IPS液晶を採用
  6. Bluetooth搭載している
  7. ストレージが16GBに加えmicroSDカードが32GB対応らしい

こうして並べてみると1~6付近が人気の理由な気がします。

今は原道N70双撃といったハイスペックなタブレットが出ているため

今後も2位を維持できるかは不明ですが、10インチというサイズ限定で見た場合、オンリーワンかも知れません。

U30GTの感想

今回、U30GTと比較したL-06Cはルーター・GPSなど用途が異なるため直接的な比較対象でなかったのですが

L-06Cと比べて画面サイズが大きい10インチにもかかわらず本体のサイズに違いが見受けられない点や

中華パッドでは珍しいBluetoothを搭載し、安定的なCPUとされるRK3066を搭載していることから

iPadの中華版的な位置づけになっているのかも知れません。

実際、Youtubeで比較している方もいました。

7インチは室内と屋外のどちらでも活躍できるタブレットですが

10インチは動画鑑賞やキーボードを設置してネットブック的な使い方があっているような気がしました。

私がL-06Cで、ネットブック的な使い方をするため、色々調べているから

そう思えるのかも知れませんが。。。

。。。

赤札天国さん:21,280円+代引手数料

アマゾン:22,000円+送料

よく一緒に閲覧される記事

3型Jelly 2受付開始で早くも5千万円を獲得、RAM6GBな超小型おサイフケータイ

UnihertzがRAM6GBにFeliCaをサポートする3インチ

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑