2019年iPhoneは光学3倍トリプルカメラ搭載か

公開日: : Apple

今秋リリース予定のiPhone X Plusに対しても一時期トリプルカメラ搭載の噂は流れていましたが、今回は2019年リリースのiPhoneで光学3倍ズームに対応したトリプルカメラを搭載するという情報が伝えられています。

iphone-x-triple-lens-martin-hajek-idropnews-800x652

2019年iPhoneはトリプルカメラ搭載か

台湾メディア経済日報によるとAppleは拡張現実(AR)に注力しており、それを高度な3D検出機能を備えたトリプルレンズ配列で実現するとしています。現行モデルのディスプレイ面に設置されているTrueDepthシステムよりも高度なセンシングが行えるとのこと。

また、現行モデルでは最大で光学2倍ズームですが、光学3倍ズームまで行えるようになるとしています。

Huaweiのトリプルカメラ

中国ファーウェイは2018年3月にトリプルカメラを搭載したHuawei P20 Proを発表しており、高い評価を得ています。

Huawei-P20-Pro.01

Huawei P20 Proの背面にある「Leica Triple Camera(ライカトリプルカメラ)」は次のようになっています。

4000万画素RGBセンサー
2000万画素モノクロセンサー
800万画素センサー(光学3倍望遠)

こうなってくるとスマートフォンと三脚さえあればプロ以外が撮影する多くのシーンで活躍できそうです。

Huawei P20 Proを含めたP20シリーズ3機種はは日本でも先月より販売が開始されています。

すでに同デバイスでトリプルカメラの性能が認められていることからAppleやSamsungが追いかけてくることは濃厚と言えそうです。

なお、Huawei P20 Proのディスプレイ面はノッチ付きベゼルレス仕様で模倣といわれていましたが、トリプルカメラは、、。

Source:MacRumors

 

 

 

 

 

 

2019年のiPhoneにトリプルカメラが搭載されるとの情報は以前からあり、いずれもAppleがARに活用することが想定されています。
Appleは2017年にAR(拡張現実)プラットフォーム「ARKit」を発表し、AR技術を活用したアプリが数多く発表されました。今年は「ARKit 2」へと進化させるなど、AR分野に特に力を入れています。
iPhoneのリアカメラで対象物との正確な距離測定が可能となれば、ARを活用した新機能や、新たなアプリの開発がさらに進むことが期待できます。

Source:経済日報(1), (2) via MacRumors

よく一緒に閲覧される記事

iPad Pro 2018 は複数カラー展開か、レンダリング画像リーク

Appleが10月30日のイベントで発表すると噂されているiPad P

AppleがUSB Type-Cの「Apple Watch磁気充電」を発売、Lightning終了か

AppleがiPadで採用すると噂されている「USB Type-C」タ

iPad Pro 2018は「USB Type-C採用」とアクセサリーメーカー各社が回答

香港で開催中のGlobal Sources Mobile Electr

→もっと見る

PAGE TOP ↑