6.1インチiPhone、2018年11月末まで出荷が遅れる可能性

公開日: : Apple ,

Appleの次期iPhoneシリーズのうち6.1インチモデルについて生産が難航しており、出荷が2018年11月末になる可能性が伝えられています。

JDI-FULL-ACTIVE-news-20170619

6.1インチiPhone、2018年11月末に出荷開始か

Macお宝鑑定団Blogは6.1インチiPhoneについて、ジャパンディスプレイ(JDI)の第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した4辺のベゼル幅をスリム化した「FULL ACTIVE」を搭載するものの”非常に高い精度の生産を要求”されているようで、量産を7月から開始して完品率は1%という状況と伝えました。

そして、関係者の話として早くても2018年11月末の出荷になると予想していることを伝えています。

同メディアはiPadに関する情報も伝えています。
次期iPad ProはiPhone SEの巨大化版か、本体サイズやイヤホン廃止など

前回のiPhone(最新記事へ)
次期iPhoneシリーズのフロントパネルがリークか、全てiPhone X風に

Source:Macお宝鑑定団Blog

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12は4モデル展開か、最大RAM6GB搭載とも

Appleが2020年秋にリリースする予定の次期iPhoneについ

Apple 初売り、1/2限定で最大24,000円相当を還元中

Appleは1月2日、2020年の初売りを開始した。対象商品の購入

次期iPhone SEの正体は『iPhone 9』か、3D Touch非搭載など

Appleが2020年春にリリースすると噂されるiPhone SE

→もっと見る

PAGE TOP ↑