次期iPad ProはiPhone SEの巨大化版か、本体サイズやイヤホン廃止など

公開日: : Apple

Appleが9月に発表すると期待されている次期iPad Proシリーズについて、ベゼル幅が狭くなった本体サイズやデザインの情報、Smart Connectorの位置が変更される可能性が伝えられています。

benjamingeskinipadprorender3

次期iPad ProはiPhone SEの巨大化版か

Macお宝鑑定団Blogはサプライヤーから得た情報として、次期iPad Proは狭額縁となり、筐体のサイズが小さくなるようだとして下記のサイズを伝えました。()内は現行モデル。

10.5インチiPad Pro:247.5 × 178.7 × 6.0㎜(250.6 × 174.1 × 6.1 ㎜)
12.9インチiPad Pro:280.0 × 215.0 × 6.4㎜(305.7 × 220.6 × 6.9 ㎜)

エッジ部分については”ダイヤモンドカット加工”が前面と背面に施され、iPhone SEを巨大化したようなデザインになるとしています。

インターフェイスに違い

インターフェイスも変更されるようで、上部に配置されているマイクは2つとなりステレオマイクに対応、3.5mmイヤホンジャックは廃止されますが、iPhoneのようにEarPodsやLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタは同梱されないようです。

また、やはりTouch IDが廃止されFace IDを搭載、画面を縦に向けて顔認証を行うことからSmart Connectorの位置が側面から底面のLightningコネクタ付近に移動するとしています。

そのため、Smart Keyboardは縦画面で使用することになる可能性があるとのこと。

前回のiPad
新たに2つのiPad向け型番がECC認証でみつかる

Source:Macお宝鑑定団Blog

よく一緒に閲覧される記事

第3世代iPhone SEは5月上旬に発売か、パネル業界筋

2022年春リリースが噂されているAppleの低価格スマートフォン「

未発表のiPhoneとiPad、ECCで見つかる

Appleが数ヶ月以内に発表すると期待されている次期iPhoneシリ

次期4.7インチは「iPhone SE + 5G」と呼ばれ、iPhone SE3は5.7インチか

Appleの事情に詳しいアナリストによれば今後数ヶ月で発売される次期

→もっと見る

PAGE TOP ↑