RAM6GB+128GBで2.5万円、『CUBOT POWER』開封レビュー・スペック #GearBest

公開日: : 最終更新日:2018/08/01 その他・中華タブレット ,

中国CUBOT Mobileの最新スマートフォンとなるRAM6GBにストレージが128GB、そして大容量バッテリー6000mAhな2辺ベゼルレス5.99型『CUBOT POWER』が届いたので開封レビューしたいと思います。

CUBOT-POWER

『CUBOT POWER』開封レビュー・スペック

はじめに約2.5万円とは思えないスペック、特徴からチェックしたいと思います。

ディスプレイ/処理性能

CUBOT-POWER.04

『CUBOT POWER』は画面サイズ5.99インチで2辺ベゼルレス仕様のFHD+(2160x1080)解像度となっています。

CPUにはMediTek Helio P23最大2.5GHz(シングルコア時)オクタコアを搭載、RAMは6GB、ストレージも128GBとフラッグシップ級です。さらに外部メモリとしてmicroSDカード最大128GBをサポートしています。

カメラ性能 / インターフェイス / バッテリー

CUBOT-POWER.03

『CUBOT POWER』は背面に1600万画素シングルカメラ、前面800万画素シングルカメラを搭載しています。

インターフェイスはUSB Type-Cを採用、指紋センサーは背面カメラの下に配置されています。

CUBOT-POWER.01

バッテリーは6000mAhと大容量、通話46時間、音楽再生50時間、動画15時間、ゲーム10時間、待機600時間となっていました。

さらにUSB Type-Cを活用した2A急速充電「Cubot Power」を搭載しています。

ピュアAndroid OS搭載

CUBOT-POWER.02

『CUBOT POWER』の隠れた魅力として独自UIを採用していないピュアなAndroid OS搭載が挙げられます。Android Oneなどでもなく、カスタマイズされていないため安心できそうです。

スペック表、対応周波数

『CUBOT POWER』のスペック表(公式の製品サイトより収集)です。

 

 タブクル調べ
 tabkul.com
CUBOT POWER
OS Android 8.1
CPU MediTek Helio P23, 4xCortex-A53, 2.5GHz & 4xCortex-A53, 1.5GHz
RAM 6GB
ストレージ 128GB
SDカード microSDカード最大128GB
液晶 5.99インチ / 18:9
解像度 2160 x 1080
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1600万画素
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
近距離無線 Bluetooth 4.2
インターフェイス USB Type-C / イヤホン / 指紋
サイズ 158.35 x 74.39 x 10.75mm
重さ 216.2g
バッテリー/消費電力 6000mAh

対応周波数はソフトバンクのプラチナバンドBand 8をサポート、他にもBand 1とY!mobile利用者に嬉しいBand 3もサポートしています。

4G FDD-LTE:Band:1 / 3 / 7 / 8 / 20
3G WCDMA:900 MHz / 2100 MHz

SIMスロットはNanoSIMx2基でMicroSDカードと共有となっています。

『CUBOT POWER』開封レビュー

IMG_6686

『CUBOT POWER』のパッケージ、少しマットな触り心地です。

IMG_6687

底面には主要スペックが掲載されていました。

IMG_6689

蓋を開けると『CUBOT POWER』本体が姿を現しました。

IMG_6690

下段には3つの小箱。

IMG_6691

小箱にはUSB Type-Cケーブルと日本では変換が必要な電源アダプタがありました。USB Type-Cポートを備えたマルチポート充電器があれば使うことはなさそうです。

IMG_6692

大きめの薄い箱にはSIMピンやスタートガイドなどの紙類、そして『CUBOT POWER』の保護ケースが入っていました。

メジャーなスマートフォンではないのでアクセサリー付属は嬉しいですね。

IMG_6693

『CUBOT POWER』のディスプレイ面にも主要スペックが記されたシートがありました。右上にあるシール状のメッセージを見ると保護フィルムになっているようでした。

ソフトケースだけでなく保護フィルムまで標準付属というのは有難いですね。

IMG_6694

保護フィルムは綺麗に貼られていました。

IMG_6695

背面にはSIMスロットの説明が記されたフィルムが貼られていました。その上にはIMEIのシールもあります。

IMG_6696

ディスプレイから見て右側面に電源と音量のボタンが配置されています。

IMG_6700

左側面の上部にはSIMスロットがあります。

IMG_6712

SIMスロットを付属のSIMピンで取り出して撮影、変な話ですがバリもなく中国メーカーのスマートフォンは品質も向上しているのを感じました。

IMG_6704

底面にはスピーカーホールとUSB Type-Cポートがありました。

IMG_6705

シングルカメラと指紋センサー、ちょうど人差し指にあう位置でした。

IMG_6711

横から撮影するとカメラと指紋センサーを囲むシルバーのパーツが盛り上がっています。

IMG_6706

2辺ベゼルレス仕様なので上部のベゼル幅は普通にあります。

IMG_6722

次回より写真撮影や標準アプリ、ベンチマークのスコアなどを報告する予定です。

特価セール中の価格

CUBOT-POWER.5

今回『CUBOT POWER』を提供いただいたGearBestではCUBOTの製品ページにある購入ボタンからもリンクされており、独占販売の権利があるようで最大80%OFFセールも実施しています。

今回レビューした『CUBOT POWER』は通常販売価格40964円ですが240台限定で24,886円となっています。キャンペーンは残り11時間ほどでした。

リンク:CUBOT 最大80%OFFサマーセールCUBOT POWER販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

3型Jelly 2受付開始で早くも5千万円を獲得、RAM6GBな超小型おサイフケータイ

UnihertzがRAM6GBにFeliCaをサポートする3インチ

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑