WatchOS5.1アップデートが配信停止、Apple Watch文鎮化の報告も

公開日: : Apple

Appleが10月30日より配信を開始したウェアラブルOS”WatchOS5.1”アップデートについて、一部ユーザーから『Apple Watch』が動かなくなったという報告があり配信停止となりました。

IMG_0540

WatchOS5.1アップデートが配信停止

今回の不具合はWatchOS5.1アップデート中に発生するタイプで、無事にアップデートが適用できていれば問題はないようです。しかし、一度「Apple Watch」が文鎮化してしまった場合は本体交換という手段しか残っていない模様。

不具合に遭遇してしまったユーザーによるとAppleロゴが表示された状態から先に進まなくなってしまうようで、強制再起動を行ったり数時間にわたりロゴを表示させていても改善できないとのこと。

AppleはWatchOS5.1の配信停止に際して、不具合の詳細を明らかにしていないため発生条件などは調査中ということだと思われます。

前回のApple Watch
Apple Watch Series 4と歴代モデルの動作スピード比較動画、買い替え推奨モデルも

Source:Twitter (最新のApple Watch記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

アドビ、MacBook Pro (2018)のスピーカー問題で修正アップデート提供開始

Adobeが特定の条件下でMacBook Pro (2018)のスピー

Apple、Mac対応のeGPUリストに『Sonnet Radeon RX 560 eGFX Breakaway Puck』追加

Appleは米国時間2月22日、macOSでサポートする外部GPU(e

Appleが6月にも新しいMac Proを披露か、iOSアプリのMac移植ツールも

Appleが6月に開催するWWDC19において、新しいMac Proを

→もっと見る

PAGE TOP ↑