PSミニ「PlayStation Classic」を分解、MediaTek製チップにRAM1GBなどが判明

公開日: : ソニー ,

ソニーの懐かしいタイトルを収録した小型PSゲーム機『プレイステーション クラシック』(PlayStation Classic)を海外メディアが分解して、その内部パーツを伝えています。

ps-classic-teardown

PlayStation Classicを分解、パーツ判明

『プレイステーション クラシック』(PlayStation Classic)は日本で2018年12月3日に発売される最新ゲーム機で、20タイトルが収録されています。

前回はソニー自社開発ではなくユーザー有志が開発するオープンソースのエミュレータ「PCSX ReARMed」を利用していることがわかり話題となりました。

今回はHDBLOG.itがPlayStation Classicを分解して、その内部を報告しています。

それによるとCPUにはMediaTek MT8167製1.5GHzクアッドコアプロセッサ(ARM Cortex-A35チップ)を採用しており、グラフィックスはPowerVR GE8300となっています。

RAMは1GB DDR3-1866、16GB eMMC 5.1、オーディオはMediaTek MT6392Aとのこと。電力は2W以下のためファンレス仕様になっているようです。

前回の話
Sony PlayStation Classicはオープンソースのエミュレータ「PCSX ReARMed」利用と発覚

Source:hdblog

よく一緒に閲覧される記事

ソニー、Vlog特化デジカメ「VLOGCAM ZV-1」発表/特徴・動画

ソニーは5月27日、動画コンテンツを制作するVlogger向けのデ

ソニー、PlayStationタイトルの最大85%OFFセール開始

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは4月24日、PlayS

特価:ソニーのスマートスピーカー『LF-S50G』が定価18700円から7980円に

360度サウンドを実現したソニーのGoogleアシスタント対応スマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑