傘シェアサービス「アイカサ」、tenki.jp共同運営元から資金調達

公開日: : ニュース

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営するNature Innovation Groupは12月19日、「tenki.jp」を一般財団法人日本気象協会と共同運営する株式会社ALiNKインターネットを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。

i-kasa-news-20181219

傘シェアサービス「アイカサ」資金調達を発表

「アイカサ」は「傘を持ち歩かない生活」という新しい雨の日のライフスタイルを実現するとして、誰もが簡単に街中のカラオケや飲食店をはじめとする店舗で傘を借りる/返すことができる傘のシェアリングサービスで2018年12月から公開されています。

ユーザー登録数はサービスイン当日の12月3日時点で1300人を突破、今後は国内外のユーザー利用が、春先からの不安定な天候と共に大きく見込まれるとのこと。

同社は今回の資金調達により、日本全国で“傘はシェアするもの”という文化を確立させると同時に、O2O領域の機能拡充をすることで、日本にいるすべての人が雨の日をより楽しめるような世界を実現したいとしています。

Source:アイカサ

よく一緒に閲覧される記事

電柱を5G基地局に、東京電力PG/KDDI/ソフトバンク/楽天が実証実験を実施へ

東京電力パワーグリッド、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワー

Googleがゲーム業界に本格参入へ、「ゲームへ投資した費用の全貌」3/19のGDCイベント告知

昨年はゲーム機やストリーミングサービスの噂が流れたGoogle、そんな

女子高生がロボットに冬休みの宿題を任せて話題に

中国の旧正月に出された冬休みの宿題を女子高生がロボットを使って自動で終

→もっと見る

PAGE TOP ↑