次期iPod touchはゲーミング端末か、Appleが商標を申請

公開日: : Apple

最近になって噂が再浮上している『iPod touch』について、Appleがゲーム機として商標を申請していただことがわかりました。

ipod_touch_gaming_trademark_specimen

Apple、iPod touchをゲーム機として商標申請

米国特許商標庁(USPTO)は2019年1月初め、Appleが申請した「iPod touch」の「電子ゲーム機ユニット」としての商標を受理、その資料を公表しました。

これを報じたMacRumorsによると、Appleは2008年以降の「iPod touch」について国際クラス9の「オーディオビジュアルおよび情報技術機器」というカテゴリーの中で次のような商標を登録を行っていました。

テキスト、データ、オーディオおよびビデオファイルを記録、整理、送信、操作、およびレビューするための携帯用および携帯用デジタル電子機器。ポータブルおよびハンドヘルドデジタル電子機器上のテキスト、データ、オーディオ、およびビデオファイルの編成、送信、操作、および確認に使用するためのコンピュータソフトウェア。

それが新たに国際クラス28の「電子ゲーム用ハンドヘルドユニット」で申請しています。

申請資料の中には記事冒頭の画像である「iPod touch」の製品ページと思われるスクリーンショットがあり、中央には「Gamming」の文字、右上には「Buy」という文字が記されています。

これについて同メディアは10年以上前から「iPod touch」はゲーム端末であったとして、今回の商標登録が競合他社や他の問題から身を守るための動きかもしれないとしつつも、先週から動き出した最新モデルの噂にも触れています。

今回の商標は2月19日に公開され、他社からの異議申し立てがなければ2019年後半に承認されます。

第7世代iPod touchがゲーミング端末となればハイエンド仕様を期待してしまいますが、最終的にiPhoneへとつなげるための端末という見方もあることから高額になってしまったiPhone Xシリーズの橋渡し役になる程度の処理性能となるかもしれません。

前回の話⇒Apple、第7世代「iPod Touch」開発中か

Source:MacRumors (最新のiPod touch記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

iPhone XRが大幅値下げ、後継機種「iPhone11」とのスペック比較・価格差

Appleは米国時間9月10日、クパチーノで開催したイベントでiP

新型iPad(10.2インチ)は買いか、iPad Airや第6世代iPadとスペック・価格を比較

エントリー向けiPadが充実してきている。 第6世代でApple

10.2インチiPad発表、初のSmart Keyboard対応に・価格・スペック・発売日

Appleは米国時間9月10日、クパチーノで開催したイベントで第7

→もっと見る

PAGE TOP ↑