2月を前にモバイルバッテリーが投げ売り状態、PSEマーク非対応なら80%OFFも

公開日: : ニュース

2月1日からの法改正に伴ってPSDマークが入っていないモバイルバッテリーが販売不可になるとして家電量販店で大幅な値引きが実施されています。

Biccamera-sale-20190125

PSEマーク非対応のモバイルバッテリーは大幅値下げ

来月2月1日からモバイルバッテリーには“PSEマーク”がつけられたものの販売が義務付けられるため、PSEマークが入っていないモバイルバッテリーの製造・輸入・販売ができなくなります。

ツイッターで話題となっているツイートではパナソニックのモバイルバッテリーが通常2000円が400円ほどだったとしており、注目を浴びています。

少し気になったのでパナソニックのプラグ付きモバイルバッテリー「QE-AL102」を検索したところ楽天で3980円、ビックカメラで463円+税となっていました。

アマゾンでモバイルバッテリーで検索すると大容量モデルが低価格で販売されていました。

Source:FNNPRIME

よく一緒に閲覧される記事

Amazon Cash、初回限定「3000円の追加で500円分クーポン」キャンペーン開催中

アマゾンジャパンは7月28日までの期間限定で、「3,000円以上を

コンビニ等で残高を追加『Amazon Cash』提供開始、対応店舗

アマゾンジャパンは6月3日、コンビニなどから現金でAmazonギフ

ポケモンGOの次はドラクエ!『ドラゴンクエスト ウォーク』発表

スクウェア・エニックスは6月3日、「ドラゴンクエスト」シリーズの最

→もっと見る

PAGE TOP ↑