2月を前にモバイルバッテリーが投げ売り状態、PSEマーク非対応なら80%OFFも

公開日: : ニュース

2月1日からの法改正に伴ってPSDマークが入っていないモバイルバッテリーが販売不可になるとして家電量販店で大幅な値引きが実施されています。

Biccamera-sale-20190125

PSEマーク非対応のモバイルバッテリーは大幅値下げ

来月2月1日からモバイルバッテリーには“PSEマーク”がつけられたものの販売が義務付けられるため、PSEマークが入っていないモバイルバッテリーの製造・輸入・販売ができなくなります。

ツイッターで話題となっているツイートではパナソニックのモバイルバッテリーが通常2000円が400円ほどだったとしており、注目を浴びています。

少し気になったのでパナソニックのプラグ付きモバイルバッテリー「QE-AL102」を検索したところ楽天で3980円、ビックカメラで463円+税となっていました。

アマゾンでモバイルバッテリーで検索すると大容量モデルが低価格で販売されていました。

Source:FNNPRIME

よく一緒に閲覧される記事

新型肺炎・コロナウィルスの感染マップが公開、各地の死者数もカウント

2019年12月より中国武漢市で感染が確認された新型コロナウィルス

郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

日本郵便は2月3日、郵便局の郵便窓口においてクレジットカード払いや

ゆうちょ通帳アプリは2月下旬に開始、4月終了の残高照会アプリと比較

ゆうちょ銀行は1月24日、ネットバンキングを利用していなくても使え

→もっと見る

PAGE TOP ↑