E-Inkでワコムペン対応13.3型『Boox Max2 Pro』発表、価格・発売日

公開日: : その他・中華タブレット ,

SKTは2月13日、中国メーカーONYX-INTERNATINALl製のワコムスタイラスに対応したE-Inkディスプレイ搭載13.3型Androidタブレット「Boox Max2 Pro」の取り扱いを発表しました。

同デバイスはHDMI接続の外部モニターとしても機能するのが特徴です。

BOOX-Max2-Pro.1

13.3型『Boox Max2 Pro』の価格・発売日

E-ink社の電子ペーパーパネル「Mobius」を搭載した『Boox Max2 Pro』は、A4相当サイズの13.3インチで解像度は2,200×1,650ピクセル(207ppi)、電子書籍向けのeReaderモード、Android OSを活用するタブレットモードのほかにノートパソコンなどの外部モニターとしても使えるHDMI入力ポートを利用したモニターモードが利用できます。

また、4096段階筆圧感知のワコムスタイラスペンに対応、電磁誘導式のため乾電池は不要となっており、書いた内容はPDFファイルとして保存可能、DropboxやEvernoteにエクスポートできるとしています。

BOOX-Max2-Pro

OSはAndroid 6.0をプリインストール、CPUには1.6GHzクアッドコアプロセッサ、RAM4GB、ストレージ64GBを搭載、外部メモリは非対応。

バッテリー容量が4100mAh、インターフェイスはMicroUSBとmicro HDMIを備えています。

本体サイズは325×237×7.5mm、重量は550g以下。

やはりBOOXブランドのAndroidは最新バージョンではありませんでした。確か開発チームが理想的な状態ということで今後も継続するようですね。

価格・発売日

『Boox Max2 Pro』の価格は89,800円+税、発売日は2月15日となっています。

今回、SKTが販売する国内版にはミヤビックスのノングレア保護フィルムとRAVPowerのUSB充電器が付属されます。

前回の話
ワコム4096段階筆圧検知などEink搭載Androidタブレット『Boox』3機種が発表・価格・発売日

リンク:アマゾン

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑