Appleが月額1000円の雑誌配信サービス提供か、iOS/macOS解析からリーク

公開日: : Apple ,

Appleが日本時間3月26日2時に開始するスペシャルイベントにおいて発表が噂されていたNetflixの読み放題サービスについて、最新のOS解析から新たな情報が伝えられています。

apple-leaks-20190313

Appleが雑誌配信サービス提供へ

開発者のSteve Troughton-Smith氏は3月13日、OS解析情報からAppleがニュースマガジンを始めるようだと自身のTwitterアカウントに画像付きで投稿しました。

リーク情報によるとAppleが開始する雑誌配信サービスは、自動車やビジネス・ファイナンス、エンターテイメント、ファッション、科学技術に旅行といった日本でいうところの「dマガジン」などの定額制・読み放題サービスに似たカテゴリーが用意されています。

雑誌データはPDFファイル形式となっており、オフラインで読むことが可能。また最新号の通知にも対応しているようです。

Appleは今からちょうど一年前となる米国時間3月12日に雑誌版Netflixと言われた定額制オンライン雑誌配信サービスの米Textureを買収合意を発表しています。

同サービスは月額9.99ドルで読み放題となるサービスで、iOSだけでなくAndroid / Amazon Kindle端末でも利用可能となっていました。

Appleが、そのまま月額9.99ドルで提供を開始するのかは不明ですが、Core m3のMacBookを142800円+税(税込みで15万円超え)で販売できる会社なのでサービスであっても安売りはしないと思われます。

日本では出版社からのリークはありません。もっとも日本では月額380円など低価格の雑誌読み放題サービスが存在していたり、同価格帯ではアマゾンのKindle Unlimitedが存在します。

iPhone/iPadといった端末デザインやOSやアプリの使い勝手といったブランディングが及ばない雑誌配信サービスで、どのような付加価値をつけるのか注目です。

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

低価格「iPhone SE2」が2月より生産開始か、3月に発表へ

Appleのサプライヤより2020年2月から低価格な新しいiPho

次期iPhoneはデザインそのまま、背面カメラの数で勝負か

2020年9月にリリースが予想されている次期iPhoneについて、

iPhone 12は4モデル展開か、最大RAM6GB搭載とも

Appleが2020年秋にリリースする予定の次期iPhoneについ

→もっと見る

PAGE TOP ↑