シャープ、折り畳み有機ELディスプレイを公開―他社へ提供可能・動画

公開日: : シャープ

シャープは4月10日、記者向けに6.18型の折り畳み出来る有機ELディスプレイを公開した。

試作機はSamsungやHuaweiのような展開時にタブレットとして使える仕様ではなくスマートフォンとして使えるといったコンパクトさ追求のために使用されている。

SHARP-news-20190411.1

シャープ、折り畳み有機ELディスプレイを公開

今月にはSamsungから折り畳みディスプレイ搭載スマートフォン「Galaxy Fold」が発売され、最新リークでは6月にも「Huawei Mate X」がリリースされる可能性が伝えられるなど具体的な内容が増えてきた。

シャープが公開した試作機は同社のスマートフォン「AQUOS zero」を折り曲げられるように筐体を加工した折り畳みディスプレイ版となっている。

ディスプレイはプラスチック基板の採用により有機ELでR=3mmという屈曲を実現、30万回の折り曲げ試験をクリアしていることから既に製品化の基準を満たしており、現在は更に高い耐久性や折りたたみ機構の改良中とのこと。

今回の試作機では展開すると6.18インチのサイズになるが、現在の技術で30インチ程度まで対応できるとしている。

また、折り畳む方向は内側だけでなく外側も可能、折り畳み時はディスプレイ面に隙間は発生せずピッタリと重なるようだ。

製品化についての具体的な時期や内容は未定、シャープ自ら折り畳みディスプレイ搭載スマホを展開する可能性に加え、他社に供給する可能性もあるとした。

巻けるディスプレイも

SHARP-news-20190411

シャープは同じく6.18インチのフレキシブル有機ELを展示、先ほどのフォルダブルのような半分にピッタリと折り畳むのではなく、巻物のような筒状にできる自在な形状を実現するディスプレイとなっている。

同ディスプレイは曲面が存在する場所への設置のほか、定期的に登場する腕時計型・ブレスレット型スマートフォンへの採用が期待される。

Source:itmedia

よく一緒に閲覧される記事

シャープ『AQUOS sense3』発表、5.5型で4000mAhバッテリーなどスペック

シャープは9月25日、AQUOSシリーズ最大となるバッテリー容量4

シャープ、折り畳み有機ELディスプレイを公開―他社へ提供可能・動画

シャープは4月10日、記者向けに6.18型の折り畳み出来る有機ELディ

SIMフリー版『AQUOS zero』(SH-M10)発表、スペック・価格・発売日

シャープは4月3日、国内自社生産したという6.2インチの有機ELディス

→もっと見る

PAGE TOP ↑