MS、9インチ折り畳み2画面「Surface」を2020年前半に投入か:Forbes

公開日: : Microsoft Surface

Microsoftが2020年前半にも9インチのディスプレイ2枚を折り畳む仕様にした「Surface」を投入する計画とForbesが報じた。

9インチの折り畳み2画面「Surface」を来年前半に投入か

Fobesは市場調査会社IHS Markitがサプライヤー筋から得た話として、Microsoftが折り畳み式の小型Surfaceを来年前半にも投入する計画があると伝えた。画面サイズは9インチ(アスペクト比は4:3)で2枚あるとのこと。

デュアルディスプレイUIにはWindows 10 OS新バージョンWCOS(Windows Core OS)を使い、CPUはIntel製10nmチップの”Lakefield”を採用、モバイル通信はLTEまたは5Gをサポート、さらにAndroidアプリとiCloudサービスに対応するという。

2019年6月に入ってからMicrosoftが2画面Surfaceの社内デモを行ったという情報があったが、今回と同じ端末とみられる。

intel-project-tiger-rapids-credit-markhachman-idg_0

記事:デュアルスクリーンSurface『Centaurus』開発中かより

2019年1月にはWindows 10で初となる折り畳みディスプレイ向けのビルド「18313.1004」が19H1ブランチで開発されていることが報告されていた。

今回は新たにAndroidアプリの対応やIntel Lakefield搭載という新たな情報が入った。スマートフォンを含め折り畳み式デバイスが普及するのか今後の情報に注目したい。

Source:Forbes

よく一緒に閲覧される記事

48時間限り、日本MSがSurface最大30%オフ「いい買い物の日キャンペーン」開始

日本マイクロソフトが直販サイト「Microsoft Store」に

Surface Pro Xが日本でも発売へ、Surface Earbudsの投入も明らかに

日本マイクロソフトは10月17日、米国で発表されたSIMフリーのA

(速報)Surface Pro X発表、10.7万円の常時起動SIMフリーARMノートPC/ペンホルダー付きなどスペック

かねてより噂されていたARM版Surfaceが登場した。 Mic

→もっと見る

PAGE TOP ↑