Fire HD 8でexeファイルを実行、『Wine』をインストールした話

公開日: : 最終更新日:2019/07/02 Amazon Kindle , ,

Fire-HD-8-Wine_6462

Fire HD 8 タブレットはAndroidベースのFire OSが動作する製品なので、Windowsソフトウェアを実行できる『Wine』が使えないモノかと試した。

実際にインストールしてWindowsソフトを使った感想を記録する。

Fire HD 8でexeファイルを実行『Wine』をインストールした話

これまでFire HD 8で様々なカスタマイズをしてきた。とくに今回はWindowsソフトウェアを起動するということでroot権限が必要だと思うかもしれない。しかし、『Wine』導入にroot権限は必要ないし、過去にインストールしたGoogle Playさえも不要だ。(もちろん『Wine』導入は自己責任となる。)

ただ野良アプリとも呼ばれているGoogle Playで配布されていないAndroidアプリ(APKファイル)をインストールするため、次の設定を行う必要がある。

Screenshot_2019-04-24-09-37-50

「設定」メニューを開き「セキュリティとプライバシー」へ移動、そこにある「不明ソースからのアプリ」を有効にすると上図のように警告が表示されるのでOKを選ぶと有効になる。

上図の画面でチェックを入れたら、Android OS向けの『Wine』アプリを入手しよう。

WINEの公式サイトにあるAndroid向けビルド一覧から「wine-3.0-arm.apk」をダウンロードした。最小システムとはいえWindowsなのでファイル容量は113MBと大きい。

ファイルの展開に時間はかかるが、インストール自体は他の野良アプリと変わらない。あとは『Wine』アプリを起動すれば”Windowsデスクトップ風”の画面に切り替わるのを待つだけだ。

Fire HD 8 タブレットでWindowsソフトを起動する

Fire-HD-8-Wine_20190630-035402

実際に使ってみるとソフトウェアキーボードが表示されないのでFire HD 8 タブレット単体で文字入力が行えなかった。

前回、MacBook Proの「EasyWine」経由で秀丸エディタをインストールした際は、秀丸を単体のウィンドウで起動することができた。しかし、Android版はエミュレータ内でソフトウェアが起動する形になる。
Androidアプリとは別管理になってしまうが、エクスプローラーからAndroidの内部ストレージにアクセスすることができた。

Fire-HD-8-Wine

データ通信ができていないようでInternet Eplorerによるブラウジングはできなかった。

Fire-HD-8-Wine_20190630-035345

メモ帳アプリは日本語に対応、レジストリエディターの起動も確認した。

Android版Wineでも秀丸インストーラーを実行したところ、エラーが表示され動作しなかった。Android上でWindowsの資産ともいえる豊富なEXEファイルが使えるようになったらと期待したが残念だ。

今回の『Wine』はAPKファイルの導入だけと簡単なのにも関わらず、Windows風の画面を楽しめるのでAndroidに飽きた人におすすめだ。もしかしたら新しい景色が見えるかもしれない。

今回のレビューで使用しているFire HD 8 タブレットの詳細はAmazon.co.jp

続き⇒Fire HD 8 タブレット利用不可のAlexaを無効化、RAM圧迫を解消する
前回⇒これは快適、Fire HD 8 タブレットのロック画面を無効化して「時短」しよう

よく一緒に閲覧される記事

Fire HD 10 (2019)はブラックフライデーで値下げされるか、在庫状況などから考える

Fireタブレット初となるUSB-Cを搭載し、よりパワフルになって

Fire HD 10 (2019)で旧モデルの保護ケースは使えるか、サイズとインターフェイスの違い

これまで試してきた内容から手持ちのFire HD 10 (2019

Fire HD 10 (2019)でmicroSDカードは壊れたか、外部ストレージ編

前回は内部ストレージ化したSDカードで動画やアプリに電子書籍などを

→もっと見る

PAGE TOP ↑