Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

公開日: : Android

android10

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして開発していた最新モバイルOS「Android 10」を正式にリリースした。

Android10(Android Q)リリース

Android10は開発コードネーム「Android Q」として伝えられていたOSバージョンで、Android 9のようにPieといったお菓子名は付与されていない。

すでに専用ページが公開されており、Android 10の目玉機能が紹介されている。

迅速な返信ができるSmart Reply、ノイズキャンセリング機能をOSで備えたSound Amplifier、スワイプとプル操作により様々な動作をこなせるGesture Navigationは、iOSを利用者が馴染みあるアプリ切替や戻る操作が行える。

さらにダークテーマに対応、これまでは各アプリ毎に設定していましたが、Android 10からはOSで対応、同社の説明によるとtrue Blackによってバッテリー持ちを良くするとのこと。

そして、折り畳みディスプレイや5G対応のAndroid端末をサポート。

新たにプライバシー保護の機能を強化、設定メニューを1つに集約して調整しやすくなり、ウェブとアプリで提供するアクティビティを決定可能となったほか、アプリが求める現在地を送信するタイミングを制御できるようになるなど細かな設定が可能となった。

セキュリティ更新プログラムも素早く入手できるようになるようだ。Google Playシステムの更新によりPlayから直接スマートフォン等へ送信できるようになったとある。もしかするとGoogle Playをインストールしていればメーカーや有志が作成した(ある程度の)カスタムROMであれば簡単にセキュリティUPDATEが行えるようになるのかもしれない。

その他、フォーカスモードやファミリーリンクといった機能も追加される。

Android 10に関する目玉機能を解説した特設ページは下記リンクより確認できます。

Source:Android 10

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑