(速報)2画面ノートPC『Surface Neo』発表、2つの9インチや360度ヒンジなど

公開日: : Microsoft Surface

Surface-Neo

Microsoftは米国時間10月2日、Surfaceシリーズの新モデルとなる2画面ノートPC『Surface Neo』を発表した。9インチのディスプレイを2つ搭載、OSはWindows 10Xをプリインストールする。

2画面ノートPC『Surface Neo』発表

展開時の画面サイズは13インチ相当という2つの9インチ画面を持つ『Surface Neo』は、Surfaceシリーズらしく”Surface Pen”による手書き入力をサポート、同時発表の2画面スマホ「Surface Duo」と同じく360度回転ヒンジを備えている。

展開した状態の厚みは5.6mm、重量は600gと13インチ相当ノートパソコンとしては軽量、CPUにはIntel Lakefield世代を予定している。

物理キーボードも用意

Surface-Neo.0

下側に位置するディスプレイに載る形で着脱できる物理キーボードも用意された。物理キーボードをヒンジ近くに移動して片面ディスプレイをタッチパッドのように使うことも可能。

2画面向けOS『Windows 10X』

Windowsではマルチタスクが標準で使えるものの、”ウィンドウ”という仕組みからソフトウェアの切り替えはマウスとキーボード、タッチ操作で行ってきた。しかし、『Surface Neo』は2つの画面で別々のソフトウェア/アプリを表示できるため従来のPCよりもスマートフォンに近い感覚で操作できそうだ。

Microsoftは2画面ノートパソコンを新しいカテゴリーに位置付けており、今後ASUSやDELL、HP、Lenovoからリリース予定という2画面デバイス向けに「Windows 10X」を用意した。

同時発表の2画面スマホへ
Surface Duo発表、Microsoftの折り畳み2画面スマホ・発売時期

よく一緒に閲覧される記事

48時間限り、日本MSがSurface最大30%オフ「いい買い物の日キャンペーン」開始

日本マイクロソフトが直販サイト「Microsoft Store」に

Surface Pro Xが日本でも発売へ、Surface Earbudsの投入も明らかに

日本マイクロソフトは10月17日、米国で発表されたSIMフリーのA

(速報)Surface Pro X発表、10.7万円の常時起動SIMフリーARMノートPC/ペンホルダー付きなどスペック

かねてより噂されていたARM版Surfaceが登場した。 Mic

→もっと見る

PAGE TOP ↑