2020年のiPhoneはベゼルレスへ進化か、ノッチが小型化

公開日: : Apple

iPhone-8-Concept-161112

来年のiPhoneはノッチが小型化し、左右のベゼル幅と同じ程度になる可能性があるほか、次世代通信5G対応によりアンテナ線が太くなる可能性が実績あるリーカーより伝えられた。

2020年のiPhoneは真のベゼルレスへ進化か

Apple関連のリークで実績のあるBen Geskin氏は10月22日、Appleが新しいFace IDの試作機を試していて、その幾つかは幅が狭く、上部のベゼルに収まるほどになると伝えた。

さらに同氏は別のツイートで2020年のiPhoneは次世代通信5Gに対応するため、本体側面のアンテナ線が1mm以上にまで太くなり、素材はプラスチックではなく、ガラスやセラミック、サファイヤを採用する可能性も伝えている。

前回⇒iPhone SE2は村田製作所の新しいフレキシブルLCPアンテナ搭載か

よく一緒に閲覧される記事

16インチMacBook Pro発表、メモリ最大64GBなどスペック・価格・発売日

Appleが最近リークされていた16インチMacBook Proを

今夜にも『16インチMacBook Pro』発表か、価格や発売時期の情報も

昨日は準備中という情報が伝えられた『16インチMacBook Pro』

まもなく16インチMacBook Pro発表か、小規模の発表会を準備中とも

2019年10月に発表されるだろうと伝えられていたベゼル幅が狭くな

→もっと見る

PAGE TOP ↑