Xiaomiが2020年にも日本でスマホ販売へ、市場参入に意欲

公開日: : Xiaomi

Xiaomi-news-20191105

世界スマートフォンで4位となる中国Xiaomiが2020年に日本市場へ参入すると日本経済新聞社が報じた。それについてXiaomi担当者が認める内容の投稿をしたことから2020年にはXiaomiのスマートフォンが日本でも発売される可能性が高くなった。

Xiaomiが2020年にも日本でスマホ販売へ

日本経済新聞社によるとXiaomi海外事業を担当する王翔高級副総裁が11月4日に日本参入計画を明らかにしたという。

具体的には近いうちに日本で子会社を設立し、最初はインターネットなどで独自に販売するが、通信会社との提携にも意欲を示しているとのこと。

参入時期については日本で性能テストを受ける必要があるため2020年には参入できるとし、早ければ早いほどいいとも伝えている。

この記事について中国Weiboで問い合わせを受けたXiaomi担当者が王翔高級副総裁の発言で間違いないと認めた。

米IDCの調査によれば世界のスマホシェアで1位のサムスン電子、2位のHuawei、3位のAppleに続き4位となっているXiaomiが日本市場へ上陸する。また、僅差で5位となっているOPPOは日本でテレビCMを展開している。

もしかすると、来年にはXiaomiのテレビCMが流れているかもしれない。

Source:日本経済新聞Weibo

よく一緒に閲覧される記事

世界スマホ4位のXiaomiが日本参入を発表、1億800万画素スマホなどアマゾンで予約開始

スマートフォンの世界シェア4位の中国メーカーXiaomiは12月9

1憶800万画素を含む背面5カメラ搭載『Xiaomi Mi Note 10』がクーポン特価49,023円に(予約セール中)

2020年に日本へ上陸予定の中国シャオミが2019年11月に発表し

1億800万画素など背面5眼カメラ搭載スマホ『Xiaomi Mi Note 10』、11月6日に発表へ

2020年には日本上陸する予定の世界スマホ4位のシャオミがスペイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑