日本語も用意したRAM16GBな8.4型『One Mix 3 Pro』予約開始、スペック・価格

One-Mix-3-Pro

Intel最大4.0Ghz クアッドコアにメモリ16GB/ストレージ512GB SSD、2K解像度の8.4インチは4096段階の筆圧感知に対応し、360度ヒンジに指紋センサー搭載という良い意味で変態なミニ・ノートパソコン『One Mix 3 Pro』の日本語キーボード版が予約開始している。

『One Mix 3 Pro』予約開始、スペック

家電量販店でも販売することで「モバイルノートパソコンは非力」というイメージを覆しつつあるOne-NetBook社のOne Mixシリーズ、今回はインテル第10世代Core i5(i5-10210Y)を搭載し最大4.0GHzの4コア/8スレッドに加え、メモリ16GB、512GB PCIe SSDを内蔵したパワフル仕様となっている。

画面サイズは8.4インチ、そこに高解像度2560x1600(2Kスクリーン)かつ4096段階の2ボタン式オリジナルスタイラスペンに対応。

One-Mix-3-Pro.02

ディスプレイは360度回転するヒンジで、キーボードを背面に向けることで僅か650gのWindowsタブレットとしても使うことが可能となっている。

onemix3_pro__05

小さな筐体に大容量8600mAhバッテリーを搭載し、最新USB-Cによる高速充電をサポート。このUSB-C充電のおかげで従来のノートパソコンでは必須だったACアダプタを持たずに済む。同じUSB-C搭載スマートフォンであればUSBケーブルとUSB充電器、モバイルバッテリーが共有できるため旅行の際、大幅に荷物が減るだろう。

これは本体が650gと軽量なだけでなく、充電機器も軽量化できるところが見えにくい魅力だ。

インターフェイスはUSB-Cx2基、USB-A(フルサイズUSB)x1基、MicroHDMI、イヤホンジャック、MicroSDカードスロットという構成、動画や音楽を有線イヤホンで楽しめるのも良い。

先日、大容量な格安SIMでBluetoothテザリングを試した際に接続数で通信速度が落ちたことからイヤホンを優先にすることで屋外作業でも快適な通信ができるだろう。

(関連記事)
Android親機のBluetoothテザリングで低速化の原因と高速化する方法

日本語キーボードあり

One-Mix-3-Pro.01

キーボードには指紋センサーとバックライトが標準装備、英語版のほかに日本語版も用意されているのが大きな特徴となっている。

価格・出荷状況

『One Mix 3 Pro』の英語版は既に発売されているが、日本語キーボード版は予約注文を受け付け中となっている。価格はプレセール特価107479円で12月前半に出荷が開始される予定だ。

その他にもペン付きセットやペンとケースのセットというバージョンも用意されていた。

⇒最新の価格や在庫、出荷状況はGeekbuyingの『One Mix 3 Pro』販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

日本語も用意したRAM16GBな8.4型『One Mix 3 Pro』予約開始、スペック・価格

Intel最大4.0Ghz クアッドコアにメモリ16GB/ストレー

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

→もっと見る

PAGE TOP ↑