4GHz駆動で安めな『One Mix 3S+』発表、3Sとのスペック差・価格・クーポン

One-Mix-3SPlus

ONE-NETBOOKより最大4.0GHzクロックというIntel 第10世代Core i3プロセッサを搭載したOneMixシリーズの最新モデル『One Mix 3S+』が発表された。

今回クーポンをメーカー担当者より預かったため記事末尾に掲載する。

『One Mix 3S+』発表、スペック・価格

今回の新機種は名称からもわかるがOne Mix 3Sの派生モデルとなっており、筐体が同じで3SのCore m3-8100Y/RAM16GB/512GBという構成からCore i3-10110Y/RAM8GB/256GBへと変更されている。

上記スペックを見ると廉価版かと思われるかもしれないが、Core m3-8100Yは1.10GHz~3.40GHzなのに対してCore i3-10110Yは1.00GHz~4.00GHzとターボブースト時の最大周波数が向上している。

デュアルコア/4スレッドは変わらないが、TDPが5Wから7Wに変っていることからバッテリー駆動時間への影響も考えられる。

次に内蔵グラフィックスを見てみると、m3の300MHz~900MHzから300MHz~1.00GHzへと僅かながら向上している。

Intelの第10世代にCore m3の後継モデルがないため、Core i3-10110Yがそれにあたるのかもしれない。そう考えると『One Mix 3S+』は後継モデルという位置づけにも見える。

価格・クーポン

ONE-NETBOOKはGeekBuyingで販売を行っており、『One Mix 3S+』の価格は87,788円となっていた。ここに担当者より預かったクーポン「OneMix3SPlus」を適用することで1000円前後が安くなる。

※この価格に筆圧検知ペンは含まれていない。

最新の価格や画像、出荷状況はGeekBuyingの『One Mix 3S+』販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

8インチUMPC『IRIEミニPC』発表、空きSSDスロットなどスペック・価格・発売日

FFF SMART LIFE CONNECTEDは4月2日、画面サ

E-Ink/ワコムな13.3型『BOOX Max3』発売、サブモニター機能などスペック・価格

FOXは2月3日、E-Inkディスプレイとワコム製スタイラスペンを

ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同

→もっと見る

PAGE TOP ↑